同志社大学体育会ヨット部

お問い合わせ

活動報告

活動報告

2020
02/22
Saturday
2020/02/22 Saturday

2月22日
和歌山遠征 8日目

お疲れ様です。
3回生マネージャーの本田です。
私がヨット部に入って良かったと思える瞬間は、自分の成長を感じられた時です。
私達は沖に出てレスキューに乗ることが多くあります。1回生の時はレスキューに乗っても自分が練習に役立っているのか実感することができずレスキューに乗るたびに悩んだり悔しい思いをする事が殆どで、時には涙することもありました。しかし、マネージャーになり2年以上が経ち、プレーヤーが具体的にどのような練習をしたいのか、どのような運営を求めているのかがやっと理解出来る様になりました。初めはスタート練習、コース練習のコールをすることでさえかなり緊張して声が震えていたのですが、今となっては自信を持ってコールをすることができます。さらに、ヨットの知識が少しずつ付いてきたことで今までよりも興味を持ち、積極的にヨット運営の向上に努めようと思えるようにもなりました。
私がこのように成長できたのも、私が沖での運営について質問をした時に、後輩や同期、先輩、スタッフやOBの方々が丁寧にそしてマネージャーの私でも分かりやすい様に教えて下さったお陰です。
入部当初はヨットがどうやって走っているのか分からなかった私ですが、今となってはプレーヤーの技術向上に協力する事が出来るようになったと思います。今後も部の日本一を目指し、プレーヤーに勝る運営が出来るよう精進して参ります。
それでは失礼します。

本日は前線が来ていたため、午前中は今井氏に講習会を行っていただきました。午後は0〜2m/sの中、出艇致しました。講習会では、質疑応答式でレースに対する考え方を学ぶことができ、ヨットに対する引き出しを多く持っておく意識が高まりました。
明日は午前中のみ出艇し、お昼から積み込みとなります。和歌山遠征で思い残すことなく、最後まで目標に向かって成長し続けることができるよう励んで参ります。

清水監督

池辺コーチ
梶本コーチ
豊田コーチ

S56年卒 萩原氏
H19年卒 今井氏
H31年卒 古恵良氏
旧幹部 松尾氏

H31年卒 古恵良氏:お菓子