同志社大学体育会ヨット部

お問い合わせ

ヨット部紹介

ヨット部紹介

スポーツ推薦

2019年度入学
スポーツ/公募推薦制度のご案内

2018年度高校3年生の方へ

商学部
[クラブ推薦]
○スポーツ特別入学制度
 候補者選定書類提出:4月下旬、本出願受付8月下旬

出願資格につきましては、以下のうち一つ以上を満たすことが条件となります。
① 地区大会8位以上
② 県大会準優勝以上
③ 全国大会、国際大会出場以上
また、学業成績について、明確な規定はありません。選考方法は、書類審査の後、面接・小論文試験が実施されます。高校二年生での競技実績が重視されます。 *今年度募集終了


スポーツ健康科学部
[クラブ推薦]
○トップアスリート推薦
 予備調査書類提出:6月中旬、本出願受付:8月下旬

出願資格につきましては、以下のうち一つ以上を満たすことが条件となります。
① 全国大会4位以上(個人)
② 全国大会4位以上(団体)
③ 国際大会への出場経験
④ 高校在学中に日本代表経験 また、学業成績について、明確な規定はありません。選考方法は、書類審査の後、面接が実施されます。高校二年生での競技実績が重視されます。 *今年度募集終了


            

心理学部
[クラブ推薦]
○指定校推薦 本出願受付:4月下旬

出願資格につきましては、偏差値60前後が求められます。ヨット競技経験者であることは条件ですが、競技成績についての規定はありません。この推薦制度は、学校間の指定校推薦となります。学業成績において、評定平均3.2以上が求められます。 選考方法は、面接のみです。 *今年度募集終了


スポーツ健康科学部
[公募推薦]

○出願資格につきましては、国際大会あるいは全国大会での試合に実際に出場し優秀な競技実績のある者とされております。また、評定平均は3.2以上が必要となります。選考方法は書類審査の後、面接・小論文試験が実施されます。尚、公募推薦ですので併願も可能です。またセンター試験を活用し、国立大学との併願が可能な入試もございます。


社会学部
[自己推薦]
○自己推薦(スポーツ)入学試験 出願受付:9月中旬

出願資格につきましては、国際大会あるいは全国大会での試合に実際に出場した者、またはそれと同等以上の競技成績をあげた者とされております。また、評定平均は3.0以上が必要となります。選考方法は面接・小論文試験を実施し、出願書類と合わせて総合的に判断されます。尚、社会学部には3つの学科がございますが学科の併願は出来ません。


グローバル地域文化学部
[自己推薦]
○自己推薦(アスリート)入学試験 出願受付:9月中旬

出願資格につきましては、全国大会での試合に実際に出場し16位以上の成績をおさめた者、またはそれと同等以上の競技成績をあげた者とされております。また、全科目の評定平均が3.0以上且つ、外国語の評定平均4.0以上が必要となります。更に外国語試験資格が求められます。選考方法は小論文試験・口頭試問(日本語)が実施されます。尚、グローバル地域文化学部には3つのコースがございますが学科の併願は出来ません。


また、上記学部以外にも神学部・経済学部・文化情報学部・心理学部においてスポーツを利用する公募推薦がございます。学部によって出願資格等は異なりますので同志社大学のホームページをご覧下さい。
クラブ推薦については、大学ホームページでは非公開ですので、下記まで直接ご連絡ください。



<連絡先> 同志社大学推薦入学担当マネージャー 藤居
メールアドレス:nanahofujii@gmail.com
            携帯:080-2539-3281