同志社大学体育会ヨット部

お問い合わせ

活動報告

活動報告

2018
12/09
Sunday
2018/12/09 Sunday

お疲れ様です。

新2回生篠原です。

本日は2018年度の納会があった為、午前は強弱の激しい風の中3時間集中して練習を行いました。

私にとって初めての納会でしたが、普段の艇庫生活ではお話しすることができない先輩方にお会いでき、様々な人に支えられていることを改めて実感致しました。日々のご支援に心から感謝致します。

お忙しい中週末の合宿に来てくださるスタッフの方々、先輩方に支えられ、また今年は新たに豊田コーチが見て下さることもあり、女子プレーヤーとしても大変心強く感じます。このような環境でヨットが出来ること、本当に幸せものだと感じます。

私は470のスキッパーに挑戦しており、日々高い壁を目の当たりにしていますが、負けないように食らいつき、未経験の女子でも活躍できることを体現できるよう精進して参ります。

練習納めまで残り二合宿、シーズンオフ明けに少しでも良い状態で練習に臨めるよう質の高い時間を過ごしていきたいと思います。

失礼いたします。

エールの様子

主将挨拶の様子

2018
12/08
Saturday
2018/12/08 Saturday

お疲れ様です。

新2回生三嶋です。

本日は南西から3〜9m/sの良い風が吹き、470、snipeともにマークラウンディングとコース練習を中心に行いました。

11月から新チームが始まり、チームで日本一を目指す中で私達マネージャーもどのようなサポートがチームに必要かを考え、日々努力を重ねています。

まずは食当の栄養面での工夫をしようと試みています。例えば、主菜は増量のプレーヤーのためにタンパク質を多めに作り、副菜には減量のプレーヤーを中心に考えた野菜多めの食事を作っています。また、朝ごはんには乳製品や果物を取り入れています。

まだ、試している段階なのですが、続けることが大切だと思うので、継続してより良い方法を見つけていきたいと思います。

ほかにも、プレーヤーが行なっている座学の時間に一緒に参加させてもらい、一緒に学んでいます。万全のサポートするためには十分な知識が必要だと私は考えます。私達マネージャーもヨットに関する知識を高め、プレーヤーの体作りやメンタル面でのサポートを全力でしていきたいです。

それでは失礼します。

<本日の来庫スタッフ>

清水監督

池辺コーチ

<本日の来庫OB>

伊藤会長

<ごっちゃん品>

伊藤会長:布団

お昼ごはん中もヨットの勉強

470クラスミーティング

体力測定
2018
12/07
Friday
2018/12/07 Friday

お疲れ様です。

今年度会計を務めさせていただきます新3回生大前裕也です。

本日は授業や就活により、練習に参加したメンバーが非常に少ない中での練習となりましたが、1〜10m/sという良いコンディションの中で動作練習を中心に行いました。

このように良いコンディションの中で練習できる環境があるにもかかわらず、練習に参加するメンバーが少ないことは非常にもったいないように思います。

全日本インカレは1艇だけが前を走れば良いわけではありません。各クラス3艇ずつ計6艇が前を走らなければ総合優勝を勝ち取ることはできません。つまりチームの総合力が試されるのが全日本インカレです。

チームの総合力を高めるには琵琶湖という風が吹きにくく、波も立ちにくいコンディションの中でいかに海で練習している他大学より質の高い練習を行うかが鍵となってきます。少しでも良いコンディションで練習できる可能性を増やし、少しでも他大学より成長できるように練習時間を確保することが重要になってきます。そのためにも合宿を抜けることなく、体調不良や整備不良で練習時間を削らないように陸の面での準備を大切にしていきたいと思います。

それでは失礼します。

夜ご飯前のニュースの様子

2018
12/02
Sunday
2018/12/02 Sunday

お疲れ様です。

新3回生東 大雅です。

本日は午前は風待ち、午後は北から1〜3m/sの風の中、動作を中心とした練習を行いました。

新体制発足後1ヶ月が経ち、時間の早さを感じています。先週末プレプレが終わり、残す近畿の大会も、4つしかありません。あっという間にインカレを迎えてしまいます。1日も無駄には出来ません。そのためにも、金土日のみならず平日をいかに過ごすかが重要になっていきます。

私自身今まで平日は何も考えず過ごしていましたが、今は食生活であったり、運動にも気をつけて過ごしています。何も考えずに過ごしていた平日に”考える”という行動を起こしただけで、自分の身体に少しずつ変化を感じています。”考える”という小さな積み重ねを増やしていき、より多くの変化に気づいていきたいと思っています。

それでは失礼します。

<本日の来庫スタッフ>

清水監督

<本日の来庫OB>

平成30年卒 上野氏

平成30年卒 原田氏

<ごっちゃん品>

平成30年卒 上野氏・原田氏:生活用品

桟橋修理

470級 ミーティング

今日のお昼ごはんは照り焼きチキン丼と野菜スティックとゆで卵でした。

2018
12/01
Saturday
2018/12/01 Saturday

お疲れ様です。

新3回生長澤です。

本日は南西から北西の1~7メートルの風の中練習をしました。内容はタック・ジャイブ練習やマークラウンディング練習などの動作中心でした。

新体制の部活がスタートし、最初は曳航の速さや整備不良などチーム状況が良くない状態が見受けられました。しかし、最近では徐々に改善されチームが良い方向に向かっていると思います。幹部やチームリーダーだけでなく、さらに多くの人からチームを良くしようとする声が上がれば、もっと良い方向に向かうと思います。僕自身3回生となり、自分自身のことだけでなくチーム全体のことを考えなければなりません。練習の質と量をもっと上げられるように視野を広く持っていきたいです。

練習内容は動作練習中心ですが、ボートハンドリングはヨットレースにおいて基盤となる大事な要素だと思います。この時期の練習を大切にし、動作一つ一つ細かい部分までこだわりを持っていきたいです。

それでは失礼します。

<本日の来庫スタッフ>

清水監督

<本日の来庫OB>

平成30年卒 奥氏

<ごっちゃん品>

東家:お米代、梅干し

今日の夜ご飯はハッシュドビーフとポテトサラダと人参しりしりでした。
2018
11/25
Sunday
2018/11/25 Sunday

お疲れ様です。

新二回生石野です。

本日は近畿北陸学生ヨット秋季大会2日目でしたが、風がなくノーレースとなりました。

本日レースが行われなかったことで、レースは2日間ともあることが当たり前ではないということを改めて感じました。そのため初日のレースがとても重要であり、最初から優位な状況でいなければならないと学びました。

私としては、普段の練習とは全く異なるレースを少しでも多く経験したかったのですが、ノーレースとなり悔しい1日でした。

今回のレースは代が変わり初めてのレースでした。新人戦のときと比べるとできるようになったこともありましたが、動作も風を見ることも難しいことが多くありました。

自分たちの今の実力を受け止め、日本一になるためにはまだまだ質も量も追求しなければならないと思いました。二回生となり、ヨットに乗る機会が増えたためもっと知識を増やし、沖でも練習に励みたいと思います。

風待ちの時間では、分担して艇庫の掃除や整理などを行いました。毎日の艇庫での生活を過ごしやすくするため、やるべきことはたくさんありました。掃除をしたり、物を整理することで、毎日使うものもあるため長く良い状態を保てるように物は大切に使うべきだと感じました。

閉会式に参加した後は出艇し、短い時間でしたが軽風の中練習しました。私は風の強弱が変わったことになかなか反応できず、同じ動作をしてしまうことが反省点として見つかりました。一日一日の練習を大切に毎日新たなことを学んでいきたいです。

それでは失礼します。

近畿北陸学生ヨット秋季大会 2日目

学連からの最終成績です。

470級 -2R

1位 京都大A 40点

2位 同志社A 73点

3位 立命館A 83点

4位 京産大A 101点

5位 京都大B 109点

3位 藤野・富士元

(7-2)9点

30位 平井・辰尾

(9-52(DSQ))61点

1位 續木・藤原

(2-1)3点

22位 東・石野

(17-26)43点

29位 三浦・板東

(31-27)58点

スナイプ級 -2R

1位 同志社A 51点

2位 京産大A 51点

3位立命館A 58点

4位 京都大 66点

5位 京都大B 81点

5位 松尾・白田

(2-9)11点

3位 長澤・大前

(8-2)10点

14位 飯尾・東田

(10-20)30点

16位 黒田智・1R小林,2R永井

(15-15)30点

27位 澤田・1R黒田誉,2R小林

(20-31)51点

総合 -2R

1位 京都大A 106点

2位 同志社A 124点

3位 立命館A 141点

4位 京産大A 152点

5位 京都大B 190点

<本日のの来庫スタッフ>

兵藤GM

清水監督

梶本コーチ

<本日の来庫OB>

昭和54年卒 松岡氏

平成30年卒 大川氏

<運営に来て頂いたOB>

昭和63年卒 西居氏

平成30年卒 大川氏

平成31年卒 古恵良氏

平成31年卒 中尾氏

平成31年卒 山形氏

平成31年卒 井上氏

平成31年卒 渡邊氏

<今週のごっちゃん品>

池辺コーチ:ファイル、かばんなど

平成30年卒 大川氏:コロッケなど

平成31年卒古恵良氏、井上氏、渡邊氏:衣類

2018
11/24
Saturday
2018/11/24 Saturday

お疲れ様です。

二回生本田です。

本日は、近畿北陸学生ヨット秋季大会1日目でした。今レースは、代が変わってから初めてのレースでした。

私は学連を務めさせて頂いている為、チームボートに乗り直接プレーヤーをサポートをする事は出来ませんが、学連という立場からレース運営を微力ながら支えさせて頂きました。

今レースは多くの私の同期が出場しました。日頃からヨットの事を真剣に考え、取り組んでいる姿を間近に見ていたので、レース前にはマネージャーの私まで緊張していました。本日の結果に対する思いは様々だと思いますが、明日に備えてしっかり切り替え、サポートしていきたいと思います。

話は変わりますが、私達二回生マネージャーもレスキューに乗る機会が増え、ヨットに関する知識が増えてきました。先輩やOBの方々、同期が沢山のヨット知識を教えて下さるお陰です。本当に感謝しています。今後共、宜しく御願いします。

今後も日本一に向けて、一日一日を大事にし、日々サポートしていきたいと思います。

それでは失礼します。

近畿北陸学生ヨット秋季大会 1日目

学連からの暫定成績です。

470級 -2R

1位 京都大A 40点

2位 同志社A 73点

3位 立命館A 83点

4位 京産大A 101点

5位 京都大B 109点

3位 藤野・富士元

(7-2)9点

31位 平井・辰尾

(9-52(DSQ))61点

1位 續木・藤原

(2-1)3点

22位 東・石野

(17-26)43点

29位 三浦・板東

(31-27)58点

スナイプ級 -2R

1位 京産大A 51点

2位 同志社A 51点

3位立命館A 58点

4位 京都大 66点

5位 京都大B 81点

5位 松尾・白田

(2-9)11点

3位 長澤・大前

(8-2)10点

14位 飯尾・東田

(10-20)30点

16位 黒田智・1R小林,2R永井

(15-15)30点

27位 澤田・1R黒田誉,2R小林

(20-31)51点

総合 -2R

1位 京都大A 106点

2位 同志社A 124点

3位 立命館A 141点

4位 京産大A 152点

5位 京都大B 190点

<本日のの来庫スタッフ>

清水監督

池辺コーチ

中村コーチ

<運営に来て頂いたOB>

平成31年卒 山形氏

2018
11/18
Sunday
2018/11/18 Sunday

お疲れ様です。

今年度副将兼スナイプチームリーダーを務めさせていただきます。新4回生松尾光暉です。

本日は、タック・ジャイブ練習やショートでのマークラウンディングなど基礎の練習を中心に行いました。短い時間の中で、いかに効率良く練習をすることが出来るか、日本一になるためには量はもちろんのこと、質にもこだわる必要があると思っています。今までは、自由にヨットに乗せてもらい、自分の成長だけを考えてきました。しかし、これからはチームリーダーとして、誰よりも練習効率を考え、チームの成長を第一に考え行動することで、日本一に近づくことが出来ると思っています。周りに常に気を配ることを今年一年間徹底して行いたいと思います。

また、本日は470に清水監督、スナイプに池辺コーチ、吉岡氏、垣野氏が練習に参加してくださり、自分たちだけで行う練習より遥かに効率が良く、中身の濃い練習ができました。有難うございました。これからもご指導よろしくお願いします。

来週はプレプレがあります。新チームになり、初めての団体戦です。初戦から絶対的に勝てるような準備をしていきたいと思います。

また11月16.17日の2日間にわたり、昭和49年卒江口氏のご厚意でマネージャーセーリング講習会が開かれました。

実際に船に乗らせていただき、舵を取ってタックやジャイブ、回航などをさせていただきました。

普段マネージャーがヨットに乗ることは無いので、とても新鮮で良い勉強になりました。学んだことを各自消化し、これから部活に還元していきたいと思います。そして、これを機にさらにヨットについて勉強していきたいです。

2日間、本当にありがとうございました。

<今週の来庫OB>

清水監督

池辺コーチ

昭和49年卒 江口氏

平成27年卒 垣野氏

平成30年卒 渡辺氏

平成31年卒 古恵良氏

平成31年卒 矢澤女史

平成31年卒 中尾氏

<今週のごっちゃん品>

テニス部OB 松田氏:布団

多くの方々の来庫、本当に有難うございます。

これからもよろしくお願い致します。

それでは失礼します。

2018
11/17
Saturday
2018/11/17 Saturday

お疲れ様です。

今年度副務を務めさせていただきます、新4回生飯尾隼人です。

今年1年宜しくお願い致します。

本日の練習は、下デッキからオーバーパワーの風速までさまざまな状況下で練習を行いました。

スナイプチームは昨年度からメンバーに変更はほとんどありません。しかし、もう一度基本動作を見直して基礎を固め直す意味で、また470チームは大きくメンバー変更があったため、基礎から積み重ねるという意味で、タックやジャイブを中心に練習を行いました。タックは少しでもロスを減らすにはどうすれば良いのか、ジャイブで他艇に差をつけ、ゲインするにはどうすれば良いのかを考えながら地道にコツコツと基礎を積み重ねることが出来ていると実感しています。

クラスミーティングでは、下回生の積極的な姿が見られ、それに応えるように上回生も熱心に指導をしている姿が見受けられます。

来週は、新チーム最初のレガッタがあります。現状の実力を存分に出し切って、成果や課題を得て、また未来に繋げていきます。

それでは失礼します。

2018
11/16
Friday
2018/11/16 Friday

お疲れ様です。

今年度主将を務めさせていただきます新4回生藤野です。

伝統あるクラブの大役を任せていただき、身が引き締まる思いと共に今年一年の無限の挑戦を嬉しく思います。

所信表明をするにあたり、まず先日引退された矢野前主将はじめとする旧幹部の方々に感謝と尊敬の意を申し上げます。昨年度「最後まで成長する」をスローガンとして掲げ活動してまいりましたが、力及ばず優勝を逃してしまいました。私は慰労会の時先輩方が流した涙を決して忘れません。先輩方の思いを胸に、全力でこの一年間駆け抜けていきたいと思います。

全員が同志社大学体育会ヨット部の三大原則である「元気、礼儀、時間厳守」を徹底し常に一番にこだわる姿勢と、頭と身の周りの整理整頓を行い、小さな変化にいち早く気付けるようになります。それは最低限度、出来て当たり前だと思います。だからこそ誰にも真似できないレベルを追求して取り組みます。そして2019年11月4日、全日本インカレの閉会式で三本の優勝旗を取り戻します。

最後になりましたが今年度の幹部をご紹介させていただきます。

主将 藤野流星

副将 松尾光暉

主務 小林侑矢

副務 飯尾隼人

学連 東田茉莉瑛

チーフマネージャー 藤居南穂

会計 大前裕也

今後ともより一層のお力添えをいただきますよう深くお願い申し上げます。

それでは失礼します。