同志社大学体育会ヨット部

お問い合わせ

活動報告

活動報告

2021
11/08
Monday
2021/11/08 Monday

【前年度主将挨拶】

前年度主将を務めさせていただきました三浦匠です。

まず初めに優勝された早稲田大学の皆さんおめでとうございます。私たちは総合優勝を掲げ1年間活動してきましたが、結果は470級6位、スナイプ5位、総合4位で終わりました。
今まで支えてきてくださった皆様に、総合優勝という形で恩返しができず、本当に悔しい気持ちでいっぱいです。決して私たちに運がなかったわけではありません。英語を取ることで戦いが苦しくなること、風がなくてノーレースになることすべて想定できたことでした。不甲斐ないレースをしてしまい申し訳ありませんでした。
しかし、人間形成を目的とし、総合優勝を目指しがむしゃらに取り組んだ4年間は人生で一番濃く楽しい幸せな時間でした。ここには一片の悔いもございません。コロナで練習が十分にできなかろうが、合宿ができなかろうが最高の環境で練習できたと感じてます。
ただ、切実にインカレで勝ちたかったです。この思いは後輩たちに託しました。来年のこの日、琵琶湖で同じ悔しい思いをしないよう、取り組んでもらいたいと思います。
最後に、今年度から11人、鯨会会員として同志社大学体育会ヨット部を応援します。何卒、よろしくお願いします。

<インカレ期間中来ハーバースタッフ>

清水監督

兵藤コーチ

中村コーチ

中岡コーチ

西村コーチ

松尾コーチ

續木コーチ

<インカレ期間中来ハーバーOB>

S58卒 水上氏

S63卒 西居氏

    水野氏

H6卒  加藤氏

H30卒 渡辺氏

    大川氏

    黒木氏

    三輪氏

H31卒 古恵良氏

    山形氏

    久保田氏

R1卒 小林氏

    飯尾氏

    黒田氏

    東田氏

R2卒 辰尾氏

   黒田氏

   東氏

   田山氏

<鯨会の観覧艇に乗られたOB>

S59卒 福井氏

S60卒 三島氏

H3卒  細川氏

2021
11/03
Wednesday
2021/11/03 Wednesday

【11月3日(水) 蒲郡事前遠征10日目】

お疲れ様です。

4回生470級クルーの三浦匠です。

 いよいよ明日が全日本インカレ初日です。私たち幹部にとって残すところこのレースだけになりました。しかし、常に前を走ってくれる頼れる後輩たち、最後まで向上心を持ち続け、チームを良くしようと努力してくれた同期たち、レースに出ないにも関わらず遠くの琵琶湖からサポート、応援してくれたメンバー。思い残すことは何もありません。全てをやりきった自信があります。あとはこの1年間の集大成を見せるだけです。明日は同志社大学の強さを全国に轟かせるレースです。そう考えると明日からのレースが楽しみで仕方ありません。

 1回生2回生の時は総合4位、3回生の時は総合3位です。この4年間各代の幹部の方々が流した悔し涙を一度も忘れたことはありません。しかしその涙を流した幹部の姿を見てきた今の4回生だからこそ、他大学に自信を持って同志社と名乗れる誇りある強いチームができました。

 「凡事徹底」これをチームの方針として1年間取り組みました。当たり前のことを当たり前にする、これが一番難しいことだと感じますが、これができれば自ずと総合優勝に手が届くはずです。あとはやることをやって笑って終わるだけです。

 最後になりますが今までご尽力いただいたOBの方々、時に優しく時に厳しくご指導してくださったスタッフの方々、また一番近くで部員たちを支えてくださった保護者の皆様、この4年間サポートしていただきありがとうございました。明日はその方々の思いも背負い一緒に戦っていきたいと思います。最後までよろしくお願いします。

<本日の活動内容>

 本日、午前は練習を行い、午後からはサポートメンバーも蒲郡入りし、全員で参拝を行いました。

 明日からはいよいよ全日本インカレ団体戦が始まります。チーム一丸となって総合優勝を目指します。

<来ハーバースタッフ>

清水監督

※写真撮影時のみマスクを外しております。

2021
11/02
Tuesday
2021/11/02 Tuesday

【11月2日(火) 蒲郡事前遠征9日目】

お疲れ様です。
4回生スナイプ級クルーの白田です。

 個人戦を終え、いよいよ全日本インカレが開催されます。私はインカレの最大の難しさは6艇のチームレースということであり、同時に最大の面白さもそこにあると考えています。1艇だけが前を走っても絶対に勝つことは出来ないにも関わらず、1艇が後ろを走り続ければ簡単に負けてしまいます。その命運を他人に預け、反対に自分にも預けられている異様な緊張感がインカレの場には存在します。そんな舞台で戦うことは怖いです。不安もあります。しかし自分の中で自信を持てる今日までの蓄積があります。共に試行錯誤し、成長してきた頼りになるペアがいます。前を走ってくれると信頼出来る同期・後輩がいます。また日本一のサポート体制があります。総合優勝を果たすための要因は揃っているので、後は力を発揮するだけです。11月7日に笑って終わる為に淡々と最善を尽くしたいと思います。
 最後までご声援の程宜しくお願い致します。

※写真撮影時のみマスクを外しております。

【11月1日(月) 全日本学生ヨット個人選手権大会 最終日】

お疲れ様です。

4回生470級スキッパーの平井です。

 今大会は、3日間を通して微風コンディションの中5レース実施されました。大会前から予報では風が弱く、カットレースが発生しない可能性も考えて、崩さないレース展開をすることを心がけて挑みました。その中で、今レガッタでは全レーススピードを持った状態で艇団から抜け出すスタートを決めることができ、その後の展開で自分の取りたいコースを引くことができたので、順位を安定させることができたと感じております。

 私は、一昨年の大会で同点準優勝とあと一歩の所で優勝を逃し、昨年は16位と優勝にはほど遠い結果で終えたこの2年間が非常に悔しく、この1年間は課題を明確にして重点的にレベルアップを図ってきました。その結果として、今大会で優勝を勝ち取れたことは率直に嬉しく思います。

 しかし、あくまでも私たちはインカレ団体戦での総合優勝が1番の目標であり、2日後には団体戦が行われます。個人戦で結果を残せたことはチームに勢いをもたらす事が出来たと思うので、この勢いのまま団体戦でも堅いレース運びをして総合優勝を勝ち取りたいと思います。

<来ハーバースタッフ>

清水監督

兵藤コーチ

中村コーチ

<ごっちゃん>

佐々木家:飲料・カロリーメイト

※写真撮影時のみマスクを外しております。

2021
10/29
Friday
2021/10/29 Friday

【10月29日(金) 蒲郡事前遠征5日目】

お疲れ様です。

4回生470級クルーの板東です。

 私は「あなたは運の良い人間ですか?」と聞かれたら迷わず「はい。」と答えます。

 こう思うようになったのもヨットとの出会いがきっかけです。ヨットはこれまでにしてきた競技の中で最も楽しく、そして最も複雑で難しい競技だと感じています。風・波・潮・船・メンタル・運を駆使して行うスーパーマルチなヨット競技は今までに体験したことがないものでした。整備のロープワークに関しては自分がこれまでに最も熱中し、沢山の時間とお金を費やしました。このように素晴らしいヨット競技というスポーツに出会えて本当に良かったと感じています。

 また、同期との出会いも運が良かったと感じています。私たちの代はとにかくバランスが良い代だと思っています。各個人が素晴らしい個性と役割を持っており、幹部としての責任をしっかりと果たしてきたと感じています。この同期11人はこれまでに所属してきたチームの中でもダントツに頼れる仲間です。なんとしてもこの仲間達で勝ちたい、いや勝てると信じています。

 同志社大学体育会ヨット部との出会いも運が良かったと感じています。もし自分が他大学でヨット部に入部したとしてもここまで本気で取り組めてはいなかったと思いますし、なによりもノンセレの成長を大事にし、優勝を目指している大学は数少ないからです。また、1回生の時はよくわからなかったOB会の鯨会という組織の素晴らしさ、ありがたさは幹部になってからひしひしと感じています。恐らく鯨会ほどしっかりとした組織運営がなされているOB会は全国をみてもそう多くないはずです。

 このように私は恵まれた環境・組織・競技に出会えて本当に良かったと感じています。だからこそ目標である「総合優勝」は絶対に果たしたいです。実際に蒲郡に現地入りしてから合同コース練等で他大学と走り合わせて、インカレで勝つことの難しさを改めて感じています。しかし、運の良い私は必ずしも良い結果を得ることができるはずです。大好きな競技で、大好きなチームで、大好きな人たちと一緒に結果を出し、喜び分かち合えることを信じて、明日から始まる個人戦に望んでいきたいと思います。

<本日の活動内容>

 本日も、他大学と多数艇の中で合同コース練習を行いました。

 明日からは全日本学生ヨット個人選手権大会が始まります。それぞれ練習の成果を発揮できるよう精一杯取り組んでまいります。

<来ハーバースタッフ>

清水監督

兵藤コーチ

※写真撮影時のみマスクを外しております。

2021
10/28
Thursday
2021/10/28 Thursday

【10月28日(木) 蒲郡事前遠征4日目】

お疲れ様です。

4回生スナイプ級スキッパーの澤田です。

 明後日からいよいよ全日本学生ヨット個人選手権大会が始まり、またその後に団体戦と最高にハードで楽しい1週間ちょっとが始まろうとしています。程よい緊張と4年間の集大成を発揮できる事への高揚感、そして何より勝ちたいという想いで今を迎えています。

 私は今年のインカレのテーマとして「恩返し」を掲げています。私事ではありますが今年の4月に交通事故に遭い3ヶ月程度、部活動から離れざるを得なくなってしまいました。4回生であり、最後の一年チームを引っ張っていきたい、もっと上手くならないといけない、ヨットに乗りたいという気持ちがある一方、身体が痛み運動ができないという歯痒く辛い期間でした。正直、後輩に抜かされていたらどうしようやインカレに出られないかもしれないと思うと部活動に戻る事自体が怖くなった事もありました。しかし、そんな期間にマメに連絡をしてくれた同期や先輩、後輩、友人、励ましや応援のメッセージを頂いたスタッフの方々を始めとする鯨会の方々や家族のおかげで今年もレギュラーメンバーとして全日本インカレに出場できます。

 また、ヨットに乗れない立場を経験する事で選手の走りを信じ続け、試合の結果に対して同じ熱量で嬉しがったり悔しがり、日頃からなにをサポートできるか考え動いてくれているマネージャーへの凄さを感じると共に感謝の気持ちも一層高まりました。このように本当に支えられ続けた1年間あと少しだけ皆さんに応援という形で支えていただければと思います。

 1週間後には感謝の言葉とともに「総合優勝」という結果で恩返しします。自信を持ちつつ、最後まで成長する気持ちを忘れずに戦い抜きます。

<本日の活動内容>

 本日は4-10m/sの風の中、他大学と多艇数の中で合同コース練習を行いました。

 普段とは全く違う環境、相手との練習でより力をつけていきます。

<来ハーバースタッフ>

兵藤コーチ

<ごっちゃん>

H31卒 一同:お菓子

※写真撮影時のみマスクを外しております。

【10月27日(水) 蒲郡事前遠征3日目 / 早稲田・同志社ヨット定期戦】

お疲れ様です。

4回生470級クルーの富士元です。

 インカレ優勝を目標に入部した日から4年の歳月が経ち、ついに最後の大会が目前に迫ってきました。

 この1年を振り返ると、決して平坦なものではなく、優勝経験のない代がインカレ優勝という未知の目標に向かって試行錯誤していったことが印象的です。「勝ちたい」という思いをもとにどのようなチーム作りをしていくべきか。それには歴代の先輩方の姿勢を参考に、付いてきてくれる後輩達と共に1つの目標に向かってもがいた結果、理想とするチームができたと思います。

 その中心には個性豊かな頼れる同期たちがいて、優秀で熱い彼らと過ごすことができた4年間はとても幸せでした。

 私はインカレに初めて出場します。チームの勝利のためには幹部ペアの自艇が走らなくてはなりません。現地に入ってより緊張感が増してきてはいますが、なによりも頼りになるペアの平井と共に全力で駆け抜けていきたいと思います。これまでの努力を信じ、仲間を信じ、あとはこのチームで優勝を勝ち取ってくるだけです。インカレ優勝という夢を叶えに自分のできる最善を尽くしてきます。

 最後になりましたが、自分たちの活動ができているのも鯨会の方々、OB・OGの方々、学校関係者の皆様など多くの支えのもとだと実感しております。本当にありがとうございます。結果で恩返しできるように、取り組んでまいります。

<本日の活動内容>

 本日は早稲田・同志社ヨット定期戦が行われました。

 結果をしっかりと受け止め、インカレ団体戦に向けてより一層真剣に取り組んでまいります。

<来ハーバースタッフ>

兵藤コーチ

<ごっちゃん>

H31卒 一同:飲料

三浦凪家:お菓子

※写真撮影時のみマスクを外しております。

2021
10/26
Tuesday
2021/10/26 Tuesday

【10月26日(火) 蒲郡事前遠征2日目】

お疲れ様です。

4回生スナイプ級クルーの篠原です。

 コロナ禍での活動が2年ほど続き、私たちの想いや活動状況が文面やブログを通してしか伝えられなくなってしまいました。一昨日、オンラインで行われた壮行会で、鯨会はじめ本当にたくさんの方々に支えられていることを実感しました。それと同時に、より同志社大学体育会ヨット部、特にスナイプチームを知って頂き、より近い目線で応援していただきたいと考え今回のブログを書くに至りました。

 今年のスナイプチーム、特に4回生は本当に泥臭い集団です。チームリーダーの白田敦也、スキッパー澤田皓希、クルー今村晃大、この同期3人は全員がノンセレです。しかし、知識量や試行錯誤量は圧倒的で、共に成長を続けてきました。誰よりも自分に厳しく、思いやりのある白田はチームからの信頼が厚く、ヨットレースでも堅い展開を繰り広げます。論理的な分析でチーム、人、船を動かす才能があります。昨年のインカレ、個人戦を共に闘った澤田は、よく天才と言われていますが、誰よりも考え、挑戦し、理解し、自分のものにするのが早い努力家です。冷静さの奥にはとても熱い想いや闘争心を秘めています。ヨット部一心優しい男、今村はどんなに自分が苦しい状況でも、メンバーの表情から体調を察知し、声を掛けられる強さがあります。そして私、篠原は4回生唯一の女子クルーです。女子だからとちやほやされるのではなく、結果を出し、女子選手が活躍する当たり前を作ります。闘争心と気迫は誰にも負けません。

 こんなにも強く頼もしい同期たちとインカレという大舞台で日本一を懸けてヨットレースができることが楽しみで仕方ありません。また、私自身2度目にして最後のインカレですが、学生生活の集大成ともいえる全国の熱い舞台を全力で楽しんで、最後まで挑戦し続けたいと思っています。挑戦することが一番の成果を生む秘訣だからです。

 昨年の個人戦初出場での4位入賞をした際、保守的にならず、積極的であり続けることが自分たちには想像できない実力を発揮することができると学びました。私たちは過去3年インカレ総合優勝を逃している、挑戦者です。守るものは何もありません。正々堂々と戦い、全身全霊を懸けて勝利を勝ち取ります。

 最後まで、ご支援ご鞭撻のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

<本日の活動内容>

 本日は5-13m/sの風の中、帆走練習を中心に行いました。

 明日は早稲田戦が行われます。インカレに向けてより成長できるよう取り組んでまいります。

<来ハーバースタッフ>

兵藤コーチ

<ごっちゃん>

篠原家:お菓子

※写真撮影時のみマスクを外しております。

2021
10/25
Monday
2021/10/25 Monday

【10月25日(月) 蒲郡事前遠征1日目】

お疲れ様です。

4回生マネージャーの本田です。

 本日、インカレが開催される蒲郡にて積み下ろしを行いました。蒲郡での初日の練習を終え、より一層全日本インカレが目前にせまっていることを実感しました。

 今年1年を振り返ると合宿がなかった分、ヨット部での思い出の多くが海上レスキューに詰まっています。運営実力不足で練習や大会が理想通りに回らない悔しい思い出、同期・後輩マネージャーと共に振れる風に翻弄されながらも必死に最善の運営をしようと試行錯誤した思い出、自分達の足りない部分を補う努力を続けた結果、達成感を得ることができた思い出。制限がかかる中での活動でしたが、この環境だからこそ味わうことができる感情や経験を重ね、自分自身の成長に繋がったと感じています。

 全日本インカレまで残り9日となり、今1番に思う事は4年間の部活動を通して関わってくださった全ての方への感謝の気持ちと、その気持ちを必ず全日本インカレ総合優勝という形で表したいということです。マネージャーに対して信頼して運営を任せてくれる、そして改善すべき所があれば何度でも話し合い練習の質をとことん追求するチームリーダー。練習の質を高めるために一切の妥協をせず選手と平等に時に厳しく熱く指導してくださり、マネージャーの努力や姿勢を認めてくださる監督、コーチの方々。ヨットに真摯に向き合う姿を見て純粋に「かっこいい」と思い、入部するきっかけとなった先輩方。1人1人の個性が豊かで何でも言い合える、時に支え合い、高め合い、そして何よりも頼れる最高の同期。どんな時も選手のことを1番に考え、弱音を吐かずに必死についてきてくれた頼もしい後輩マネージャー。練習時間が制限されている中でも一生懸命練習に取り組み、どんどん成長していく後輩プレーヤー。全ての方のお陰で同志社大学ヨット部の一部員として、日々の活動に熱中することができています。

 マネージャーとして最終レースが終わるその時まで選手と共に闘い、感謝の気持ちを胸に全日本インカレ総合優勝を成し遂げたいと思います。最後まで応援の程よろしくお願いいたします。

<本日の活動内容>

 本日は蒲郡入り初日で、積み下ろし後に練習を行いました。

 事前遠征も始まり、よりインカレを意識するようになりました。それぞれが残りの時間を大切に有効に使えるよう練習に取り組んでまいります。

<来ハーバースタッフ>

兵藤コーチ

※写真撮影時のみマスクを外しております。

2021
10/24
Sunday
2021/10/24 Sunday

【10月24日(日) 通常練習】

お疲れ様です。

4回生スナイプ級クルーの今村です。

 現役として琵琶湖で練習ができるのも今日が最後となりました。桟橋でカレッジソングを歌い終えた時、名残惜しさを感じると同時に、「4年間の自分をインカレにぶつけに行くぞ」という身の引き締まる思いになりました。

 私はヨットというスポーツを通して、正解かどうかは分からずとも、自分を信じてやってみることを学びました。振り返ると、一心不乱で試してみたことが、結果に結びついた時、ヨットに夢中になっていた自分がいます。改めて、一生懸命何かに打ち込むことができるのは、競争し合う現役部員、それを支えてくださるコーチスタッフ、OBの方々、家族の支えがあってこそだと強く感じております。

 1年間を通し、全員が同じ土俵で戦うチャンスがあるなかで、私はそのチャンスを活かすことができませんでしたが、サポートメンバーとして、後悔のないインカレにしたいと思います。

<本日の活動内容>

 本日は整備と積み込みを行いました。また、インカレに向けてオンライン壮行会が開催されました。

 明日から蒲郡での練習が始まります。インカレに向けてやるべきことを全力でやりたいと思います。

<来庫スタッフ>

清水監督

兵藤コーチ

中岡コーチ

西村コーチ

※写真撮影時のみマスクを外しております。