同志社大学体育会ヨット部

お問い合わせ

活動報告

活動報告

昨日より柳が崎で開催されております2024年第42回MAY・REGATTA 2日目の最終成績をご報告させていただきます。

本日は470級は4R、スナイプ級は3Rが実施されました。

※各得点内の()はカットレースを示しております。

<470級 計7R>(全35艇)

1位  同志社OB 大石氏・後藤 8点[1-1-1-1-1-3-(36(RET))]

2位 立命館 山本・前谷 21点[2-5-(6)-4-2-4-4]

3位  同志社 小菅・向井 26点[(11)-2-3-8-3-8-2]

————————–

4位  同志社 田原・山田 29点

[(14)-3-10-5-8-2-1]

5位  同志社 出口・西山30点[8-9-(21)-3-6-1-3]

6位  同志社OB 續木コーチ・福田さん 38点[5-6-4-11-4-(15)-8]

9位   同志社 谷・白數 48点[6-4-2-14-(15)-11-11]

10位  同志社 今井・西内 56点[(16)-11-14-7-12-7-5]

18位  同志社 久保田・関端/野中 101点[19-15-20-18-14-(22)-15]

<スナイプ級 計6R>(全41艇)

1位  同志社 西内・柳本 15点[3-4-2-(6)-2-4]

2位  同志社OB 吉岡氏・山梨氏 17点[2-2-6-5-(13)-2]

3位  同志社 秋田・江見 21点[1-1-4-14-1-(42(BFD))]

4位 京都大 峰岡・西川 24点[5-(14)-1-2-10-6]

————————–

9位   同志社OB 兵藤監督・山本氏 43点[8-8-(14)-12-5-10]

10位  同志社 山﨑・川内 44点[6-6-10-16-6-(42(BFD))]

14位  同志社 相宮・内貴氏 71点[21-11-12-(32)-22-5]

26位  同志社 古田・蓬莱 114点[23-22-20-26-7-(42(DNE))]

30位  同志社 竹本・落合 139点[30-24-30-(31)-29-26]

・スナイプ級の上位4枠は、「2024年度 第77回全日本スナイプ級ヨット選手権大会」への出場資格が与えられます。

<西内コメント>

 本日のレースは、1-4m/sの風の中、3レースが実施されました。今回のレガッタは特に自分達で決めたサイドを信じてワイドに展開することを意識しました。たとえ自分達が選択したサイドが間違っていたとしても、次のレグで最善を尽くしたことで、2日間を通して1度も崩すことなくレガッタを終えることができました。

 これからレースシーズンが到来しますが、今レガッタで経験することができた成功体験を再現できるよう、精進して参ります。

本日は470級は4R、スナイプ級は3Rが実施されました。

470級は計7R、スナイプ級は計6Rが実施され今大会は終了致しました。

ご声援ありがとうございました。

2024
05/04
Saturday
2024/05/04 Saturday

お疲れ様です。

 1回生470級ヘルムスマンの谷です。

 470級に乗り始めて早くも2ヶ月が経ちました。まだまだ慣れない事ばかりで先輩方から新しいことを教わる日々です。その中でも最近では、レースシーズンに向けてスタートに重点を置いた練習に励んでいます。高校時代とは違い、レベルの高い艇団の中でのスタートに苦戦しつつも、1つ1つ改善点を見つけながらベストなスタートができるように試行錯誤しています。

 また、船のチューニングもこだわっています。どこを変えるとどう変化するのかを学び、沢山の変化をつけて練習し、自分達に合ったチューニングを見つけて、速い船を作ることを意識して練習に取り組んでいます。

 5月にあるレースでは、スピードで負けないこと、スタートで出遅れないこと、リコールしないことを最も大切にしてレースに挑み、江ノ島インカレ本番に向けて課題を潰していこうと思います。

<本日の活動内容>

 本日は、2-3m/sの風の中、メイレガッタが開催され、両クラスともに3レースが行われました。

 本日は、メイレガッタが行われ、久々の琵琶湖フリートのレースとなりました。他大学の艇と競い合いながら、レースシーズンの向けての意識を高めることが出来ました。

<来庫スタッフ>

中村コーチ

<来庫OB>

H3卒 細川氏

R6卒 内貴氏

<海上スタッフ>

兵藤監督

續木コーチ

<海上OB>

H5卒 吉岡氏

H28卒 山梨氏

H30卒 山本氏

R6卒 大石氏

<運営に来てくださったOB>

H25卒 西村氏

H25卒 岡本氏

R6卒 野並氏

2024
05/03
Friday
2024/05/03 Friday

お疲れ様です。

 4回生スナイプ級ヘルムスマンの相宮です。

 ゴールデンウィークの練習期間は、メイレガッタに向けて、焦りと緊張を感じています。そんな中少しでも成長できたらと思っています。私の課題は、ダウンウィンドとリーチングのスピードを上げることです。日々の練習で少しずつ上達できるよう、分析しています。

 メイレガッタを始めとして、レースシーズンに突入します。練習量も限りがあり、心の余裕も徐々に削られていくと思います。そんな中で、日々の限られた練習時間をいかに有効活用し、自身の成長に繋げられるかを、レースシーズンの間絶えず考えて行動していこうと思います。私の成長はまだ終わりません。これからもジャックと豆の木のように空を突き抜け、天まで成長したいと思います。

 最後に、このように切磋琢磨できるのは、整った設備と、環境があるからこそです。いつも支えてくださる監督初め、コーチの皆様、今まで様々な形で応援、支援してくださったOB、OG、家族の皆様、本当にありがとうございます。これからも、全力でヨットに向き合って参りますので、引き続き応援の程、よろしくお願いいたします。

<本日の活動内容>

 本日は、2-5m/sの風の中、470級は、帆走練習、スタート練習、コース練習、スナイプ級は、帆走練習、マーク回航、スタート練習、コース練習を行いました。

 本日は、コース練習を中心にレース前の調整を行いました。明日から始まるメイレガッタに向けて、フリーの時間や風待ちの時間には整備を行い、船の不備をもう一度確認しました。

<来庫スタッフ>

兵藤監督

<来庫OB>

R6卒 大石氏

R6卒 内貴氏

<海上スタッフ>

續木コーチ

<海上OB>

H30卒 山本氏

<ごっちゃん>

H30卒 山本氏:タオル、ジャグ、バッグ

2024
05/02
Thursday
2024/05/02 Thursday

お疲れ様です。

 3回生470級クルーの向井です。

 春合宿や新歓シーズンも終わり、いよいよ本格的にレースシーズンが始まります。レースシーズンでは、全てのレースで前を走り、これまでの練習の結果を出すことが何よりも大事だと考えています。そのためにも、準備することを何よりも怠らないようにしていきます。練習や艇の整備、トレーニング、ヘルムスマンとのコミュニケーション、レースに向けてのマインド設定など、あらゆることを徹底することで不安要素を消し、レースに集中できる環境を作り出すことができると思います。また、1つ1つのレースで常に成長し続けられるようにしていきます。

 先合宿の最終日に行われたファミリーデーでは、多くのOB・OG方々や現役のご家族の方々に参加していただき、私たちの普段の活動が多くの人によって支えられていることを実感しました。支えてくださっている方々にできる恩返しは、レースの結果で示すことだと思います。あらゆることを準備し、これからのレースに挑んでいきます。

<本日の活動内容>

 本日は、0-8m/sの風の中、470級は、帆走練習、マーク回航、動作練習、コース練習、スナイプ級は、帆走練習、マーク回航、スタート練習、コース練習を行いました。

 本日は、軽風から順風以上の風に恵まれ、今合宿の最後に控えているメイレガッタに向けて、実りのある練習を行うことができました。

<来庫スタッフ>

中村コーチ

<来庫OB>

S52卒 松本氏

R6卒 大石氏

2024
05/01
Wednesday
2024/05/01 Wednesday

お疲れ様です。

 2回生470級ヘルムスマンの久保田です。

 春合宿も終わり、新学期に行った新歓で1回生と接して、1年前に感じた新しい生活に対する期待や興奮を思い出しました。先輩となってもその感情を忘れず、新しいことに挑戦していきたいと思います。

 5月に入ってレースが増えていき、この1年間で学んだことを、今年は活用していかなければならないと思っています。特に最近の課題として、スタートの成功率が低いことが挙げられます。帆走ではこの1年間で大きく遅れをとることは少なくなりましたが、スタートの時点で負けてしまって上位を追いかける展開が多く、厳しいレースをしてしまっていました。まずはメイレガッタに向けてこのゴールデンウィークの練習で少しでもスタートが上手くいくように練習に努めていきます。

 また、今年は去年行くことが出来なかった全日本個人戦に出れるよう、これからの練習1日1日を大切にして、レースをする毎にレベルアップ出来るように精進して参ります。

<本日の活動内容>

 本日は、1-6m/sの風の中、470級は、帆走練習、マーク回航、コース練習、スナイプ級は、帆走練習、マーク回航、スタート練習、コース練習を行いました。

 本日は、久しぶりにオーバーパワーの風が吹く中での練習となりました。風の振れや強弱が激しい中でのコースを引くのは難しさがありましたが、レース前に各々のコースを引きを確認できました。

<来庫スタッフ>

中村コーチ

<来庫OB>

R6卒 大石氏

【1回生紹介 No.2(セレクション)】

名前:竹本怜史(たけもとれいし)

学部:経済学部

ポジション:スナイプ級ヘルムスマン

出身高校:佐賀県立唐津東高等学校

高校の部活:ヨット部

座右の銘:困知勉行

最近のニュース:同郷の人が1人も見つからない

意気込み:チームに不可欠な存在になれるよう頑張ります!

2024
04/30
Tuesday
2024/04/30 Tuesday

お疲れ様です。

 3回生スナイプ級クルーの柳本です。

 春合宿が終わり、早くも5月に入ろうとしています。いよいよレースシーズンが近づいて参りました。学年が上がるにつれ、次第に結果が求められるようになってきました。ゴールデンウィークにはメイレガッタがあり、スナイプ級は全日本スナイプ選手権への権利がかかっています。また、季節が進むにつれ、レースが増えていき重要度も増していきます。レース結果に一喜一憂せず、謙虚さを大切にし、11月に行われる江ノ島インカレに向けて、経験を積んでいきたいと思います。

 また、4月に入り、新入生が入ってきています。既に何人か練習に参加しており、全員学ぶ意欲が高く、部活内が良い雰囲気となっております。

 これからレースシーズンが近づくにつれ、慌ただしくなるかと思いますが、これからも変わらぬ御指導・御鞭撻の程、よろしくお願いいたします。

<本日の活動内容>

 本日は、1-3m/sの風の中、両クラスともに、帆走練習、マーク回航、スタート練習、コース練習を行いました。

 本日は、メイレガッタに向けてコース練習を重ねました。来週以降は毎週末にレースがあります。始めのレースとなるメイレガッタで、春合宿で培ってきた自分達の力を発揮できるよう、最終調整に励んで参ります。

<来庫スタッフ>

兵藤監督

<ごっちゃん>

田原家:お菓子

【1回生紹介 No.1(セレクション)】

名前:谷 凛太郎(たに りんたろう)

学部:スポーツ健康科学部

ポジション:470級ヘルムスマン

出身高校:香川県立高松商業

高校の部活:ヨット部

座右の銘:好きこそものの上手なれ

最近のニュース:京田辺キャンパスが思ったより広くて大変です。

意気込み:470頑張ります。

2024
04/28
Sunday
2024/04/28 Sunday

お疲れ様です。

 4回生マネージャーの山下です。

 新歓活動も終わりに近づき、インカレ総合優勝を共に目指す新しい仲間が増えようとしています。

 私はマネージャーの仕事の中で、海上での練習運営に1番自信を持っています。昨年度は先輩マネージャーと2人で、スナイプチームのマネージャーとしてレスキューに乗る機会も多かったため、目標マークやコース作り、合同コース練習の本部船などの練習運営は正確にできていると思っていました。しかし先日、引退された先輩からレスキューの練習運営の方法について、今までより質が落ちたとご指摘いただくことがありました。海上でのマネージャーの存在意義について改めて考え、悩みましたが、「インカレ総合優勝」を目指すチームの一員である以上、常に問題点や改善点を探し、チームリーダーとのコミュニケーションも欠かさず行わなければならないと考え直しました。今まで以上に、丁寧かつ効率の良い練習運営ができるよう、そしてその練習運営に自信を持てるように励んで参ります。

 マネージャーである以上、プレーヤーのようにレースの結果を通して自身の成長を感じることは難しいです。しかし海上での練習運営や陸での食事作りを通して、確実に成長できていると感じています。そして、ヨット部で身につけた姿勢や考え方は今後にも活かすことができると思っています。引退まで残り半年ほどになりましたが、今後も常にチームと向き合い、学び続けたいです。

 これから始まるレースシーズンでは、毎週のようにレースがあるため、プレーヤーはその度に出る結果に向き合わなければなりません。焦りや不安を感じてしまうプレーヤーと更に密なコミュニケーションを取り、1人1人に合った方法で向き合いサポートすることができるよう、精進して参ります。

 

<本日の活動内容>

 本日は、艇庫にてファミリーデーが開催されました。

 バーベキューや、ヨットの試乗、クルーザーやレスキューでの遊覧を行ったりしました。

 日頃から現役を支援してくださっているご家族の方や、OB・OGの方々にお越しいただき、沢山交流することができました。また、普段私たちが活動している環境を知ってもらうことができ、非常に貴重な機会となりました。

 これからも、感謝の気持ちを忘れることなく、気持ちを新たに江ノ島インカレ総合優勝を目指して練習に励んで参ります。

 お忙しい中、艇庫まで足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。

<来庫スタッフ>

兵藤監督

<来庫OB>

水上会長

加藤運営委員長

S39卒 山田氏

S41卒 東氏

S42卒 下村氏

S47卒 藤沢氏

S47卒 久保氏

S49卒 杉林氏

S52卒 松本氏

S53卒 奥田氏

S55卒 廣重氏

S56卒 萩原氏

S59卒 福井氏

S63卒 高砂氏

H3卒 細川氏

H3卒 藤井氏

H4卒 高木氏

H6卒 清水氏

R4卒 板東氏

R4卒 篠原氏

R4卒 富士元氏

<ごっちゃん>

S52卒 松本氏:お菓子

S55卒 広重氏:お菓子、ルールブック

西尾家:お菓子

山田家:ラダーカバー、米

川内家:のり、お皿

山下家:お菓子

白數家:お菓子

野村家:米、お皿、味噌

西山家:お菓子

秋田家:ジュース

今井家:米

山﨑家:米、お菓子

後藤家:飲料

田原家:お菓子

田村家:商品券

久保田家:米

関端家:満足バー

谷家:卵、野菜、米

2024
04/27
Saturday
2024/04/27 Saturday

お疲れ様です。

 2回生470級クルーの西内です。

 約2ヶ月の春合宿が終わり、非常に学びの多い時間を過ごすことができたと感じています。風の強弱があり、それに合わせてクルーの動作、走らせ方を大きく変えていく必要がある中、自身の未熟さが露呈し、問題点が多く見つかりました。そこから、上回生にアドバイスをいただきながら修正と失敗を繰り返し、クルーとしてひと回り成長できたと感じています。同時に、チームメイトも成長しており、多くの新入生も加入しました。改めて、誰にも負けないという気持ちを持ち、取り組みたいです。

 レースシーズンが始まり、練習時間が減ってしまうとは思いますが、1つ1つのことに対して集中して向き合うことが重要だと考えます。更に、琵琶湖とは異なる場所で戦うことになるため、春合宿での学びをもとに応用させていかにして早くヨットを走らせていくのかを常に考えて乗らなければなりません。

 まだ海での経験が浅い中でのレースは、非常に自身の成長に大きく結びつくものになります。数少ないチャンスをものにして前を走り勝ちきることのできる力をつけられるよう努力して参ります。

<本日の活動内容>

 本日は、午前、午後とも出艇をせず、両クラスともに陸での活動を行いました。

 本日は、風がなかったため、海上練習をすることできませんでしたが、陸上で、船の整備やチューニングの見直しをしました。また、ファミリーデイの準備のため、艇庫の整理や草刈りなどを行いました。

<来庫OB>

加藤運営委員長

H5卒 細川氏

R6卒 内貴氏

  牧野氏

    川戸氏

<ごっちゃん>

R6卒 内貴氏:食器

西内家:お米、お菓子

竹本家:ソイジョイ

<お知らせ>

 明日、艇庫にてファミリーデイが開催されます。鯨会や現役のご家族の皆様に私たちの活動を知っていただくと共に、皆様と楽しい時間を過ごすことができるのを心待ちにしています。

 また、ご来庫の皆様にお願いがあります。部員数が増え、部員の使用する食器が不足しています。ご自宅に使われていない陶器のお皿があれば、ご寄付いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

2024
04/26
Friday
2024/04/26 Friday

お疲れ様です。

 3回生470級クルーの後藤です。

 新学期が始まりおよそ1ヶ月が経ち、吹く風も爽やかな好季節になりました。私は、今学期も継続して高いレベルの文武両道を目指しています。

 ゴールデンウィークに開催されるメイレガッタを始めとして、春合宿で積み上げた成果を出すレースシーズンが始まります。今の1番の課題はスタートです。艇団の大小に関係なく、毎レース第1線からスタートし、ファーストタックまでプラン通りに走る事が何よりも順位に直結していると思います。自分のルーティンを確立させ、再現度の高いスタートをしていきたいです。その為、先輩と乗る時は細かい所まで技術を教わり自分のものすると共に、後輩と乗る時やうまくいかない時に先輩と何が違うのかを伝えたり、様々な方法を試していきたいです。ヘルムスマンにとって、スタートがしやすい、乗りやすいクルーに成長していきたいです。

 また、レースシーズン中は、特に体のケアを大事にしていきたいです。栄養面に気を配り、ストレッチを行い怪我による離脱が無いようにしていきます。

 インカレまでの毎日を大切にし、日頃からお世話になっている方々に結果で示すことができるよう、精進して参ります。

 

<本日の活動内容>

本日は、0-3m/sの風の中、470級は、帆走練習、スタート練習、コース練習、スナイプ級は、帆走練習、マーク回航、スタート練習、コース練習を行いました。

本日は、関東遠征で課題となったロングラインのスタート練習と微風の帆走を行い、メイレガッタに向けた実践的な練習をすることができました。

<ごっちゃん>

西内家:手羽先

2024
04/21
Sunday
2024/04/21 Sunday

お疲れ様です。

 4回生470級クルーの山田です。

 470チームは新チームになって以来、徹底してきた「攻め続ける姿勢」を継続して練習に取り組んでいます。常に新たなことに挑戦する、自分が今できていることに満足せず別角度から検証してみるなど、日々取り組むべき課題は枚挙にいとまがありません。

 同志社ウィークが終わり、チーム全体として再確認したことがあります。それは「できるが選択しない/知っているが選ばないことと、知らないからできない/やったことがないからできない」には大きな隔たりがあるということです。当たり前のことではありますが、この2つの事象を明確に区別し、物事を判別するには訓練が必要です。

 例えば、帆走スピードが悪い時には様々な対処方法があります。プリベンドなのか、サイドテンションなのか、はたまたセールセットなのか、簡単に思いつくものだけでも10は優に超えます。これらを知っており、実践してみれば、練習は価値を生み出し効果をもたらしますが、そうでなければ「調子が悪い」で片付けるのが関の山でしょう。同志社ウィークでお越しいただいた招待選手の方々は、知識が豊富であり、その上で様々な決断を即座に下すことができます。我々学生が大きなリスクを想定して苦渋の決断を下したとしても、知っている人からすれば、当たり前の選択であることも往々にあります。知識を増やし、経験と感覚を磨き、ルーティン化とパターン化に集約させる。そのためには、練習で本質を捉え「知らない・やったことがない」を消していかなければなりません。

 今年度は、夏までに複数回の関東への遠征を計画しています。これらを通じ、各々が勝負に強くなるために、試行錯誤しながら結果で示すことができるように精進して参ります。

 

<本日の活動内容>

 本日は、1-4m/sの風の中、スナイプ級は、帆走練習、マーク回航、スタート練習、コース練習を行いました。

 本日は、あいにくの天気の中ではありましたが、見学会が行われました。ヨット部の練習を見てもらい、新入生に沢山の魅力を伝えることができたと思います。

 江ノ島では、昨日から関東470が開催され、本日は2レースが行われ、大会が終了致しました。

<来ハーバースタッフ>

兵藤監督

中村コーチ

<来ハーバーOB>

R6卒 大石氏