同志社大学体育会ヨット部

お問い合わせ

活動報告

活動報告

2021
03/21
Sunday
2021/03/21 Sunday

【3月21日(日) 春期練習】

お疲れ様です。4回生今村です。

<ヨット部の魅力>

私が思うヨット部の魅力は2つあります。

1つは、自然を利用するスポーツであることです。初めてヨットに乗った時は、見ることができない風でヨットが動いていることに、とても不思議なスポーツだなと驚きました。1番の醍醐味は風が強い時にヨットが滑走して、とてつもないスピードで進むことです。その時の爽快感やスリル感は何物にも変え難い経験です。

2つ目はヨットを通して、そこでできた仲間と成長できる環境があることです。私たちは毎週合宿所へ向かい、寝食を共にし、練習に励んでいます。現在はコロナの影響で合宿生活を送ることはできていませんが、大学生活全体を俯瞰すればヨット部という組織の中で過ごす時間はとても多いです。その中でお互いのことを知ることはもちろん、競いあったり、レースに勝つ喜びを分かち合ったり、うまくいかないことがあっても相談でき、意見を出してくれたり受け入れてくれます。同志社大学ヨット部の部員は皆、十人十色それぞれの持ち味や個性があります。

ヨットという競技を通して自分自身そしてお互いを高め合うことができる環境がここにあると思います。

<本日の活動内容>

本日の午前は風待ちのため、座学、ミーティング、トレーニングなどを行い、午後は1-5m/sの風の中、スタート練習、コース練習を中心に行いました。

本日の練習では、風軸の変化と有利エンドを正確に把握し、スタートをジャストで出る事を目標に取り組みました。そのために、ラインを流す事、風軸を測る事、スタート直前にどのようなブローが入るのか予測する事を毎スタート後に行いました。その結果、スタート前でどこで待つのがベストなのかを知ることができ、ジャストでスタートラインを切ると同時にバウを出すことができました。しかし、自艇がラインを高くしていること、上のデンジャーを割ってしまい、遅れてスタートを出てしまうことが課題として残りました。次からの練習では、ラインが形成される起点にならないこと、上のデンジャーを割らないことを意識します。

それでは失礼します。

<来庫スタッフ>

清水監督

兵藤コーチ

中村コーチ

西村コーチ

<来庫OB>

H6卒 加藤運営委員長

※写真撮影時のみマスクを外しております。

2021
03/20
Saturday
2021/03/20 Saturday

【3月20日(土) 春期練習】

お疲れ様です。4回生チーフマネージャーの岡本です。

<ヨット部の魅力>

「自分が環境をつくり、環境によって自分がつくられる」これはヨット部での3年間を通して強く感じることです。環境は自分達でつくるものであり、そして周りの部員を含めた環境が今の自分を構成しているのだと感じております。

毎日の練習やトレーニング、ミーティングでの雰囲気というのは、意識によって大きく変化させることができます。ミーティングにおいては、1人ずつの意識によって活発なディスカッションを図ることができます。毎日のこの積み重ねこそが、環境作りへと繋がると思います。

またOGOBの皆様やスタッフの方々、そして家族をはじめとする恵まれたサポートの上で、部活動ができています。この恵まれた環境と日々切磋琢磨している仲間があってこそ、今の自分が形成されていると感じています。

最後に、環境作りは自分作りであり、自身の経験は一生の財産となります。人生の中でたった4年しかない大学生活。自分と本気で向き合ってくれる先輩や大人と出会える場所、自身が成長できる環境が、同志社大学体育会ヨット部であると思います。

<本日の活動内容>

本日は1-6m/sの風の中、470級は帆走、マークラウンディング、コース練習を中心に、スナイプ級は帆走、スタート練習、コース練習を中心に行いました。

最近はOBの方やスタッフにご乗艇いただき、より多くの艇数で活発な練習ができております。この環境に感謝し、残りの春期練習に取り組んでまいります。

それでは失礼します。

<来庫スタッフ>

清水監督

兵藤コーチ

中村コーチ

西村コーチ

<海上OB>

H5卒 吉岡氏

H30卒 山本氏

<ごっちゃん>

山領家:クリームパン

※写真撮影時のみマスクを外しております。

2021
03/19
Friday
2021/03/19 Friday

【3月19日(金) 春期練習】

お疲れ様です。4回生三浦匠です。

<ヨット部の魅力>

私はヨットの魅力について話させていただこうと思います。ヨットの魅力は大自然と戦える環境にあることだと思います。皆さん一度は自然の凄さを感じたことがあると思います。台風や、豪雨、津波など、自然は時にとてつもないパワーを生み出します。ヨット競技はそんな自然の中で風や波を予測し船を操り、相手艇と駆け引きを行い勝敗を決めます。ヨットレースは他のヨットとの戦いだと思っている人もいるかもしれませんが、私は自然と戦うスポーツだと考えています。確かに相手艇もいます。私は他のヨットと自然を相手にして戦略を立てながら一番を目指すところがとても楽しいと感じています。どんな優秀な選手でも、風や波を完璧に予測することはできません。それらがヨットの醍醐味であると考えています。

さらに風が強くなったり、波が高くなったりした時にヨットは何かひとつ間違えたら艇がひっくり返ってしまうような危険が伴うスポーツでもあります。その緊張感にも惹かれます。

ヨットは海に出てしまえば何にも縛られるものがなく、自由に船を操ることができます。自由な船の上で大自然の中に身を置くことはとても気持ちがいいです。皆さん僕らと一緒に出港しませんか?

<本日の活動内容>

本日午前中は風待ちのため、ランニングとトレーニングを行いました。午後からは1-3m/sの風の中、サークリング、帆走、コース練習を行いました。

今日は、微風時のタックを課題として練習を取り組みました。その中で、自分の動作が正しいのか、加速しているかなど今一度見直してみたり、後輩の動作などを自分と照らし合わせてみて、優れているポイントを見つけ出し、自分の動作に取り入れる努力をしました。私が今できている動作を後輩にも教えていき、同志社全体のレベルアップに繋げていきたいです。

また、本日は卒部式を執り行いました。コロナ禍のもとで規模を縮小してではありましたが、旧幹部を送り出すことができました。先輩方からの教えを胸に、総合優勝に向けて気持ちを新たに練習に取り組んでまいります。

それでは失礼します。

<来庫スタッフ>

清水監督

兵藤コーチ

西村コーチ

<来庫OB>

水上会長

H27卒 垣野氏

旧幹部 續木氏

旧幹部 大前氏

旧幹部 藤居氏

旧幹部 辰尾氏

旧幹部 黒田氏

旧幹部 東氏

旧幹部 田山氏

※写真撮影時のみマスクを外しております。

2021
03/18
Thursday
2021/03/18 Thursday

【3月18日(木) 春期練習】

お疲れ様です。2回生小松です。

<ヨット部の魅力>

私が考えるヨット部の魅力は「ヨット部メンバー」だと思います。メンバーには部員はもちろんOB、OG、監督、コーチも含んでいます。

私がこの部活に入部を決めたのは試乗会で艇庫に訪れた時、そこが家族と一緒にいるような温もりのある空間だと感じたからです。作り物の笑顔ではなく、心から笑顔に溢れている部員達、年が離れていても偉そうにせず、全てを受け止めてくれそうな先輩方、同期と楽しそうに話す姿を見て、部員の優しさや仲の良さが少しの時間その場にいただけでも伝わってきました。「この人達とならやっていける。」すぐにそう思いました。入部してからも先輩方の様子は変わらず、優しくいつも気さくに話をしてくださります。先輩だけではなく決して他人のことを悪く言わずいつも笑顔で明るい最高の同期と一緒に部活をすることができています。

これから新入生を迎える立場になりますが嘘偽りのない姿で彼らを迎え、ヨット部の魅力を伝えられるように励みたいと思います。

<本日の活動内容>

本日は、午前は風待ちのため整備などを行い、午後からは1-3m/sの風の中、帆走、マーグラウンディング、コース練習を行いました。

今クールで私は、リフトとヘダーの見分け方、タックの意図を読むことを中心に練習していこうと考えています。そのため今日の練習では、風に意識を向け、気づいたことをスキッパーに伝えるように心がけました。

明日からの練習では、風に合わせたジブトリムとなぜタックをしたのかを考えて取り組もうと思います。

それでは失礼します。

<来庫OB>

S38卒 徳永氏

S47卒 名倉氏

※写真撮影時のみマスクを外しております。

2021
03/14
Sunday
2021/03/14 Sunday

【3月14日(日) 春期練習】

お疲れ様です。4回生白田です。

<ヨット部の魅力>

私が考えるヨット部の魅力は「ヨット部全体の繋がり」にあると思います。

ヨット部に入ってからの3年間で、同期の横の繋がり、先輩後輩との縦の繋がり、さらにはOBの方々との繋がりなど多くの関わりを持ちました。同期とは部活中から艇庫の外の時間までを共にし、家族のような親しみがあります。また今後とも長く付き合っていくと思われます。

先輩からは伝統、取り組み方を教わり、それを後輩に伝えていく過程で自分自身の未熟さや後輩から自分には無かった考え方を学びました。そしてOBの方々からは多くの支援をいただいています。時間を割いて現役の指導に来て下さるコーチの方々、離れた地からメッセージで応援して下さるOBの方々がいるヨット部のサポート体制は日本一だと、私は感じています。

これらは、「人間形成」のための「全日本インカレ総合優勝」の軸のもとで繋がっています。その軸をぶらさないためにも、日々インカレまでの時間が減っていく危機感を持ち、より勝利へのひたむきさがある組織作りに励んでいきたいと思います。

<本日の活動内容>

本日は1-7m/sの風の中、帆走、スタート練習、コース練習を行いました。

今クールはランニングのコースを引く際にスピード感を持って引くこと、ブローに合わせたタックポイントを決める際どのタイミングが一番ゲインを得られるかを考えながら練習に取り組みました。

来クールではコース練での結果を出す為、スタートまでの準備を大事にする事を意識して練習に取り組みます。

それでは失礼します。

<来庫スタッフ>

清水監督

兵藤コーチ

中村コーチ

中岡コーチ

西村コーチ

<来庫OB>

旧幹 續木氏

旧幹 大前氏

旧幹 黒田氏

<ごっちゃん>

三浦凪家:飲料

※写真撮影時のみマスクを外しております。

2021
03/13
Saturday
2021/03/13 Saturday

【3月13日(土) 春期練習】

お疲れ様です。3回生井口です。

<ヨット部の魅力>

「扉を開けた時、勝負はもうついている。」これは私が1番尊敬している著者の海堂尊さんの医学の卵という本の中に出てくる言葉です。解釈としては、何事もはじめに挑戦することが1番難しく、結果は自ずとついてくるという意味です。私はこの言葉を胸に様々なことに挑戦してきており、なんでも挑戦できることは自分の長所だとも思っています。

しかし、ヨット部に入ってからこの考え方に少し付け加わったものがあります。それは「一歩目を踏み出した後、目標到達までにどれだけ失敗をし、その後の修正をきかせられるか。」です。社会人の一歩手前の大学生という身分で、ただ挑戦しているだけでは何も変わらないと思います。挑戦するのは当たり前で、結果を得るための過程の精度を上げていくことが自分のレベルアップに繋がると考えるようになりました。

このようなことを求める私にとって、同志社大学体育会ヨット部は非常に魅力的な部活です。全国一位という大きな目標に向かって4年間かけて成功へのプロセスを探究していくことができます。探究をするための基礎があるのは伝統のあるヨット部だからこそです。

一つのことに向かってがむしゃらに取り組めるのは大学生が最後です。夢のため、成長のために仲間と切磋琢磨できる環境がこの部活の最大の魅力だと思います。

<本日の活動内容>

本日は1-10m/sの風の中、帆走、マークラウンディング、コース練習を行いました。

今日は元々強風予想だったため、蒲郡インカレや葉山での女子インカレを想定して練習に臨みました。10m/s以上のコンディションは自分の体重的にも苦手意識を持っていたのでとにかく数をこなして慣れることが目標です。風の強弱が大きく、ブローコールをいつもより意識してスキッパーに伝えました。それでも沈をしてしまうことがあったので、次の強風では積極的に練習をしつつも船の制御をしっかりとしたいと思います。

それでは失礼します。

<来庫スタッフ>

清水監督

中村コーチ

西村コーチ

<来庫OB>

旧幹部 辰尾氏

※写真撮影時のみマスクを外しております。

2021
03/12
Friday
2021/03/12 Friday

【3月12日(金) 春期練習】

お疲れ様です。2回生大倉です。

<ヨット部の魅力>

私が考えるヨット部の魅力は3つあると考えます。1つ目は日本一を目指せる環境にあるところです。2つ目はヨット部の活動を通して人間形成をすることができるところです。そして3つ目はOB、OGさんやスタッフの方々のサポートが手厚いところです。

私は中高6年間テニス部に所属しており、ヨットとは無縁の生活を送っていましたが、大学でヨット部に入り、同期にはセレクションにも恵まれ、とても良い環境で練習ができていると日々感じます。

また、ヨット部の3大原則である、「元気・礼儀・時間厳守」は社会においてとても重要なことであると考えます。その能力を養うことができるのもヨット部の魅力であると考えます。4学年だけでなく、これまでのヨット部の方々全員で戦っているように感じることができるところも魅力であると考えます。

<本日の活動内容>

本日は1-3m/sの風の中、帆走、スタート練習を中心に行いました。

微風時は、タックやジャイブなどの動作を無駄な動きがないように意識して取り組みました。あまり思うようにできなかったので、それを整理して次に活かせるようにしたいと思います。

それでは失礼します。

<来庫スタッフ>

兵藤コーチ

西村コーチ

※写真撮影時のみマスクを外しております。

2021
03/11
Thursday
2021/03/11 Thursday

【3月11日(木) 春期練習】

お疲れ様です。3回生マネージャーの友成です。

<ヨット部の魅力>

私が感じているヨット部マネージャーの魅力は「マネージャーだからといって妥協しない」ところです。

合宿生活ができない今、マネージャーが直接的にプレイヤーのためにできることは、沖で練習を運営することに限られています。今までの合宿生活での仕事量と比較すると少なくなったと思いますが、私はより一層視野が広がるようになったと感じています。

琵琶湖という毎日状況が変わるフィールドで運営することは、自然と戦うプレイヤーと同様、風の傾向や雨雲の様子、近くのバスボートや遊覧船、臨機応変にプレイヤーの意図を組み取ることや異変に気づくことなど、私たちの戦いでもあります。そこで私たちは、様々な状況に対応する引き出しを増やすため、470級とスナイプ級のレスキューと陸に残っていた人のマネージャー全員で毎日濃いミーティングをすることを大切にしています。これまでの合宿生活では毎日レスキューにマネージャーがほぼ全員乗れることはなかなかなかったため、細かく毎日沖で起こったことを共有し合うことがありませんでした。ですが沖で活動することが多くなったことで、自分がレスキューに乗っていなかったとしても、レスキューでの学びを共有し合えるため、それを次に自分が生かせた時にやりがいを感じます。また、自分が失敗をしたときも、言語化し振り返ることでしっかり反省をすることができます。このように、合宿生活ができないからシフト制にするなどそのような方向で考えるのではなく、今までよりも練習サポートに集中できる期間だと捉え、妥協せずに毎日これでもかというくらい部活と向き合うヨット部マネージャーの熱さが私は好きです。

私はマネージャーに同期がいないため、1人でしんどくなることが毎日のようにありますが、その分この苦しさや悔しさなどの感情を味わえるのは自分しかいない!とポジティブに日々奮闘しています。これもヨット部マネージャーの「妥協しない」という環境だから、頑張れているのだと思っています。

このテーマブログではヨット部の魅力を、「人間形成」の視点で書かれることが多いです。「人間形成」と聞いて、どのように自分が人間として成長できるかパッと想像できる人はなかなかいないと思いますし、私もどういうことかよくわかりませんでした。ですが、終日他部活とは違うフィールドで活動するヨット部でしか感じられない人の熱さ、私にとってはマネージャーの「マネージャーだからといって妥協しない」という環境にいることが、自分を成長させてくれていると感じるようになりました。だから、新入生にはとりあえず、私の大好きなヨット部員に触れてみてほしいです。

<本日の活動内容>

本日は午前は風待ちのため、新歓ミーティングを行いました。午後からは1-4m/sの中、470級は帆走、動作練習を中心に行い、スナイプ級はスタート練習、コース練習を中心に行いました。

春期練習も第5クール目に入りました。これまで以上に成長できるように、後半戦も目標を持って取り組んでいきます。

また、先日から新1回生の西尾君が練習に参加しています。

それでは失礼します。

<ごっちゃん>

三浦匠:お菓子

西尾家:お菓子

※写真撮影時のみマスクを外しております。

2021
03/08
Monday
2021/03/08 Monday

【3月8日(月) 春期練習】

お疲れ様です。4回生澤田です。

<ヨット部の魅力>

私の考えるヨット部の魅力は「日本一を目指せる環境」だと考えています。

私は中学高校と硬式テニス部に所属しており京都でベスト4に入るぐらいの実力がある部活でした。そこでの6年間の取り組みを自分の中では「頑張った」と思っていました。しかし、大学に入りヨット部に入部し練習が始まった時、部員の覚悟の強さ、練習への取り組み姿勢、部活動に懸けている時間の多さに圧倒されました。自分のこれまでの「頑張った」はまだまだ努力が足りていなかったということに気付かされました。逆に、今ではヨット競技以外でも同じようなプロセスで努力すれば高水準で物事を行なっていけると考えております。実際、私自身私生活の様々なところでヨット部で得た思考力や努力のプロセスを使って解決してきた事がたくさんあります。

もちろん楽しいことばかりではなく、しんどい事も多くありますが自分を一段階も二段階もレベルアップできる最高の環境がヨット部の魅力だと思います。

<本日の活動内容>

本日は0-5m/sの風の中、帆走、サークリング、マークラウンディング、スタート練習、コース練習を行いました。

無風の中から風が入り、帆走練習を始める事ができました。実際のレースでも長い風待ちの末にレースが始まる事があるため、その走り出しを意識して練習を行いました。

それでは失礼します。

<来庫スタッフ>

兵藤コーチ

<来庫OB>

旧幹部 辰尾氏

※写真撮影時のみマスクを外しております。

2021
03/07
Sunday
2021/03/07 Sunday

【3月7日(日) 春期練習】

お疲れ様です。2回生大石です。

<ヨット部の魅力>

私が考えるヨット部の魅力は単純に「強い」と思えるところです。強いと思える理由は、部員の8割が初心者から始めたのにも関わらず、セレクションで固めた他大学にも負けない力を持っており、実際に結果も出ていることです。私たちは日々強くなるために何をすればいいのか、海陸関係なく常に考えて物事に取り組む意識を持っており、部員が一丸となって「勝ち」を求めています。更に多くのOBOGさんやスタッフ陣の指導のもとで練習が出来るといった勝つ為の環境も整ってます。これらが同志社ヨット部の魅力だと思います。

また、私はヨット以外でも将来の道が広がるということから、同志社ヨット部は強いと考えています。部の目的として「人間形成」というものがあるため人間的に成長できるところも魅力です。

<本日の活動内容>

本日は0-4m/sの風の中、帆走、動作練習、マークラウンディング、コース練習を行いました。

私は今、ジャイブを研究していて、加速するジャイブだけを考えていたら角度が大きくロスしている事に気づいたので、加速と角度を両立させられるジャイブを考えながら練習していました。

それでは失礼します。

<来庫スタッフ>

清水監督

西村コーチ

<来庫OB>

旧幹部 辰尾氏

※写真撮影時のみマスクを外しております。