同志社大学体育会ヨット部

お問い合わせ

活動報告

活動報告

2018
10/23
Tuesday
2018/10/23 Tuesday

お疲れ様です。3回生小林です。

本日は蒲郡にて、朝から終始微風での練習となりました。練習内容は両チームとも帆走練習を中心に海でのボートスピードを磨き、風の傾向を把握しています。

インカレ本戦に向けて、私達が優勝するためには皆のベクトルが同じ方向に向いている必要があります。スナイプチーム、470チームを始め、全体でもミーティングを重ねることによってお互いの意識の共有、風などのデータの共有を行なっています。また、先週末には沢山のOB、OG、スタッフの方々にお越しいただき、ご指導頂いたことにより本日の練習もさらに技術向上に繋がったと思います。

インカレまであと9日となりとても短く感じますが、最後の一瞬まで1つでも上の着順を取ることができるようにチーム全員がチームのために取り組んでいきたいとおもいます。

失礼致します。

2018
10/22
Monday
2018/10/22 Monday

お疲れ様です。

三回生藤原です。

本日は午前中ベタのため風待ちを行いました。

風待ちでは、インカレに向けての準備の1つとして船の点検を主に行いました。トラブルで負けることは一番あってはならないことだとチームとして強く認識しています。インカレに不安要素の残さぬよう着実に行動したいと思います。

午後からは3メートル程の微風が吹きました。蒲郡において微風の練習ができる機会は限られているため、普段よりも一層集中して練習を行いました。

また、事前合宿における主目的の1つであるデータ収集は、毎日両クラスでその日の風のデータを集め、ミーティングで整理することで洗練されたデータを蓄積しています。

このデータを今年だけでなくこれからのインカレでも活躍するようなデータに仕上げたいと思います。

それでは失礼します。

2018
10/21
Sunday
2018/10/21 Sunday

お疲れ様です。

三回生東田です。

本日は全日本インカレ前最後のレースである蒲郡ウィークでした。レースメンバーはこの海面でのレースに慣れ、これまでの情報収集や練習をいかし結果を出すこと、そしてサポートメンバー情報収集やレースメンバーのケアなどにおいて確固たるサポート体制を築くことを目標にレースに臨みました。

私はサポートメンバーとしてチームボートに乗りましたが、まだまだ改善すべき点が多くありました。レースメンバーが今何を求めているのか、風や潮といった情報は正確かつ適切なものなのか、など、サポートボートは目を向け心を砕かなければならない点が多くあります。全てを完璧にこなすためには、メンバーそれぞれがチーム全体を慮り隙のない動きをすることが前提となります。それに加えサポートメンバー同士のコミュニケーションも非常に重要となるため、ミーティング重ねていき、レースメンバーが絶大な信頼を置けるようなサポート体制を整えていきます。

全日本インカレまで残り僅かとなりました。スタッフの方々をはじめ、お忙しい中沢山のOB.OGの方々がバーバーを訪れアドバイスをくださっています。本当にありがとうございます。これまでサポートしてくださった全ての方々の想いを心に留め、またこのチームのモットーである「最後まで成長する」ことを徹底し、日本一に向け毎日前進を続けていきます。

それでは失礼します。

蒲郡ウィークの最終成績です。

470級 -3R

1位 矢野・三浦 (6-1-1) 8点

3位 續木・藤原 (7-3-5) 15点

4位 中尾・山形 (9-4-4) 17点

7位 平井・東 (11-9-10) 30点

スナイプ級 -3R

1位 藤野・黒田 (2-4-1) 7点

4位 松尾・矢澤 (13-6-7) 26点

6位長澤・小林 (15-13-6) 34点

8位 西居氏・古恵良 (8-20-8) 36点

37位 飯尾・荒川氏 (UFD(44)-15-UFD(44)) 103点

2018
10/20
Saturday
2018/10/20 Saturday

お疲れ様です。

2回生続木です。

本日は風がなく、陸や海上での待機が長い一日となりました。

470チームは、レース中に他艇に対してアドバンテージを得れるタックやジャイブができることを意識し、動作練習を取り組みました。そして、風待ちや昼食の時間に動画を見直し、自分と他艇の違う点を見つけ、その次の練習に生かすことにより、前回の練習に比べ動作のコツを掴むことができました。ですが、まだマーク間際など混戦が予測されるところでの動作が雑になっているとクラスミーティングで指摘されたため、普段の特にプレッシャーもない状況と同じ状況を作り出せるよう明日から意識したいと思います。

蒲郡に入って今日で3回目の練習でしたが、2回生としてまだ部を回しきれておらず、まだ時間の管理や効率よく全員を動かすことができていないため、同期内で声をかけ合い、積極的に全体に指示を出せるように明日から時間係と協力していきたいと思います。今日のような陸で風待ちの時間などを有効活用し、海上での練習も大切ですが、陸でのまとまりというものを大切にしていこうと思います。

明日は今日に比べて風が強い予報となっています。まだ蒲郡に来てから1回しか強風を体験できていないため、明日の練習を有意義に使い、少しでも自分の苦手な強風を克服したいと思います。

それでは失礼します。

2018
10/15
Monday
2018/10/15 Monday

お疲れ様です。

2回生大前です。

更新が遅くなり、申し訳ありません。

昨日は全日本インカレ前、最後のイベントであるスキッパーズ料理がありました。

お越しいただいた清水監督、藤田コーチには御礼を申し上げます。ありがとうございました。

スキッパーズ料理では普段の部活動では違った雰囲気で他の部員と関わることが出来、よりチームとしての一体感がありました。「同志社はチームとしてとても強い」ということを改めて実感するとともに、部員全員のインカレ優勝を成し遂げたいという強い思いが感じられました。

インカレ本戦まで残すは蒲郡での事前合宿のみとなりました。4回生の方々と過ごす時間が少なくなっていることに寂しさを感じるとともに、インカレという最後の大会を良い結果で終え、笑顔で引退していただきたいという気持ちが強くなる一方です。

先輩方に最後に笑っていただくために、残された時間を大切に最後まで成長できるチームでいれるよう努力してまいります。

それでは失礼します。

2018
10/13
Saturday
2018/10/13 Saturday

お疲れ様です。

二回生黒田です。

今合宿は遠征組と唐崎組に別れて合宿を行いました。私は唐崎に残って合宿をしたのですが、唐崎に残って練習したのはマネージャーを除いて私と一回生だけで、私は初めてチームをまとめる立場を経験しました。

本日は、午前中は2~3m/sの風のなかマークラウンディング練習を行いました。午後からは風が無かったためサークリング練習を行いました。

一回生をスナイプとホッパーに乗せて、私はレスキューから指導を行いました。一回生はまだヨットに乗り慣れていないので、マークラウンディング練習をすることで動作の練習を行いました。自分がヨットに乗り始めた時のことを思い出して、最初に何を考えて乗るかを一回生に伝えてから練習を始めました。ロールの量やティラーの使い方を教えることによって本日の練習の後半にはとても上達していたように感じます。まだまだ分からないことだらけと思いますが、これからの練習で上達していって欲しいです。

来週からは事前合宿が始まります。インカレまで残り19日となりましたので、1日1日を大切にして、最後まで成長できるように努力して参ります。

それでは失礼します。

2018
10/12
Friday
2018/10/12 Friday

お疲れ様です。

2回生辰尾です。

本日からインカレに向けた蒲郡遠征が始まりました。琵琶湖とは違い、海ならではの波や潮流に加えて、強風コンディションの中練習行いました。ランニングの走らせ方であったり、前後バランスなど琵琶湖とは異なる事が多々ありインカレ本戦に向けて課題が多く残った1日でした。インカレまで後3週間弱とあまり時間が残されていない中で一日一日の練習の質を高めて、毎日成長できたと感じられる遠征にしていきたいと思います。

話は変わりますが、今日から貸家をお借りし宿泊させていただいているのですが、とても広く綺麗な貸家です。私事なのですが、僕は整理整頓が苦手でよく物を無くしてしまうので、身の回りの物を管理し、物を無くさないように気をつけたいと思います。また貸していただいた時よりも、美しい状態で貸家を返せるよう、日々の生活を送っていきます。

それでは失礼します。

2018
10/07
Sunday
2018/10/07 Sunday

10月7日

通常合宿

お疲れ様です。

2回生永井です。

本日の練習は、午前中風がなく午後から出艇する形となりました。琵琶湖では風が入ってきそうになった場合でも、少し経てば風が抜けてしまうということがよく起きます。いかに風がある時に効率よく練習するかが重要となってくることを改めて感じました。

今合宿が4回生が琵琶湖で行う最後の合宿となりました。残すは愛知県蒲郡での練習です。自分はまだ海で練習したことがないので、この遠征でしっかりと外から観察をし、自分が乗っていることをイメージしておきたいと思います。そしてもし乗ることがあったら、イメージしたことがすぐ実現できるようにしていきたいです。

インカレに近づくにつれてチームの陸での雰囲気、沖での雰囲気が良くなってきていると思います。これをインカレの本番で1番の状態にもっていけるようにしていかなければなりません。来週からは違った環境になりますが、普段とやることは変わらないと思います。限られた日数しかないのですが、まだまだチームとしても個人としても成長していくと思います。自分の与えられていることを再確認し、愛知県海陽ヨットハーバーに向かいたいと思います。

そして本日は470新艇の進水式を行いました。この新艇を買うにあたり、支援してくださった皆様に現役一同心より感謝致します。この先何年にも渡っても受け継いでいけるよう、大切に使っていきたいと思います。

それでは失礼します。

進水式の様子