同志社大学体育会ヨット部

お問い合わせ

活動報告

活動報告

2018
11/05
Monday
2018/11/05 Monday

更新が遅くなってしまい申し訳ございません。

本年度主将を務めておりました矢野です。

まずはインカレまでご支援いただいたOBOGの皆様、本当に有難うございました。

そして、総合優勝した早稲田大学の皆様おめでとうございます。

今年度のインカレは最終成績は470級8位、スナイプ級4位、総合は4位と惨敗に終わりました。

正直な気持ちとしては、もどかしさと悔しさでいっぱいです。他大学と比べても、間違いなく同志社はインカレの会場で最高のチームだったと思います。しかし、実力が及んでいませんでした。最高のチームであっても、実力がなければ勝利することは出来ません。当然のことですが、そのことをチームとして全員が痛感した大会になったのではないかと思っています。

そんな中、嬉しかったのが、昨日の慰労会で部員達が本当に悔しそうな顔をしていたことです。きっと今回の敗北は残るメンバーを突き動かす原動力になる、そう思えました。

最後になりますが、改めて清水監督、コーチの皆様、インカレを最後まで一緒に戦って頂き、有難うございました。また現地に駆けつけてくれた諸先輩方、有難うございました。後輩達の来年の優勝を願って最後の挨拶に代えさせて頂きます。

有難うございました。

第83回全日本学生ヨット選手権大会

学連からの最終成績です。

全大学の成績は写真で載せています。

470 〜9R

1位 日経大 310点

2位 日本大 398点

3位 早稲田 436点

4位 慶応大 498点

5位 明海大 602点

6位 九州大 650点

7位 甲南大 670点

8位 同志社 726点

s中尾,c山形

(22-15-35-51-30-/-55-21-9)238点

s續木,c1-7R藤原.8,9R平井

(38-/-/-30-33-34-32-24-45)236点

s平井,c3.4R藤原.6R山形

(/-36-47-/-/-45-/-/-/)128点

s矢野,c三浦

(1-3-9-40-10-3-22-14-22)124点

スナイプ級 〜8R

1位 早稲田 428点

2位 京都大 437点

3位 日本大 494点

4位 同志社 501点

5位 立命館 548点

s松尾,c1.2R古恵良.3R-矢澤

(16-18-14-6-1-9-3-33)100点

s藤野,c黒田

(8-23-61-2-20-10-20-7)151点

s長澤,c小林

(17-55-2-21-23-19-73(RET)-40)250点

総合

1位 早稲田 864点

2位 日本大 892点

3位 慶応大 1047点

4位 同志社 1227点

5位 九州大 1238点

2018
11/03
Saturday
2018/11/03 Saturday

お疲れ様です。

4年生マネージャーの久保田です。

本日は風が弱く、陸上待機をした末APA旗が上がり、レースを行うことができませんでした。

そのため残るは明日の2レースとなり、明日が勝負となります。

私は今年のインカレが4回目ですが、インカレを経験するたびに感じることがあります。それは同志社大学ヨット部を応援してくださる方が本当にたくさんいて下さるということです。

たくさんの方が遠方から応援に来て下さり声をかけて頂ける環境は非常に恵まれたものであり、多くの方々の応援を力に変え、残り2レースを悔いのないものにしていきたいと思います。

また、明日は私自身4回生として、またマネージャーとして選手の勇姿を見ることのできる最後の日です。

チームとしての目標『最後の最後まで成長する』を全員が胸に刻み、今までで一番成長した状態でレースを終えてくれることだと思います。そしてその時には最高の笑顔を見せて陸に帰って来ることと信じています。

これまでの選手の努力が報われ、そして最後に笑うのは同志社でいられるよう、残り2レース全身全霊、全力でサポートしていきます!

それでは失礼します。

本日はノーレースのため、朝に更新した暫定成績から変わっておりません。

2018
11/02
Friday
2018/11/02 Friday

お疲れ様です。

4回生井上です。

本日は340~320°、2~5mの風の中で4Rを消化しました。

難しい風のコンディションであったため、頭を悩ますレース展開となりました。

470チームは暫定8位、スナイプチームは暫定2位と成績でクラス間にギャップがありますが、総合優勝を目指す1つのチームであり、『最後まで諦めない、最後まで成長し続けるチーム』であるために明日はより団結力を高めたいです。

ヨットレースはフィールド競技と違い、1つの場所にみんながいるのではなく、レースメンバー、サポートチーム、丘勤をするメンバーと部員がバラバラの場所にいます。

しかし、そのバラバラの場所でそれぞれがチームを思い行動するからこそチームワークが高まり、さらに陸と海上で声を出し合ってまとまるからこそ同志社らしさが出るのだと強く感じています。

残り4レースとなっていますが、全員が勝ちの姿勢にいるので、明日は今日以上に圧倒できるようなレースにもっていけるよう、サポートメンバーとして精一杯できることをしていきます。

引き続き、ご声援よろしくお願いします。

大会2日目の学連からの暫定成績がまだ出ていないため、学連から暫定成績が出次第、Facebookとブログを更新させていただきます。

それでは失礼します。

第83回全日本学生ヨット選手権大会2日目

学連からの暫定成績です。

470級-7R

1位 日経大 279点

2位 早稲田 327点

3点 日本大 346点

4位 慶應大 402点

5位 明海大 471点

6位 九州大 496点

7位 甲南大 524点

8位 同志社 591点

s中尾,c山形

(22-15-35-51-30-/-55)208点

s續木,c藤原

(38-/-/-30-33-34-32)167点

s平井,c3.4R藤原.6R山形

(/-36-47-/-/-45-/)128点

s矢野,c三浦

(1-3-9-40-10-3-22)88点

スナイプ級-7R

1位 早稲田 358点

2位 京都大 399点

3位 同志社 421点

4位 日本大 449点

5位 立命館 474点

s松尾,c1.2R古恵良.3R-矢澤

(16-18-14-6-1-9-3)67点

s藤野,c黒田

(8-23-61-2-20-10-20)144点

s長澤,c小林

(17-55-2-21-23-19-73)210点

総合-7R

1位 早稲田 685点

2位 日本大 795点

3位 慶應大 891点

4位 同志社 1012点

5位 九州大 1014点

お疲れ様です。

4回生渡辺です。

本日から、全日本インカレが始まりました。

昨日から参加した一回生も含め、サポートメンバーもレースメンバーもそれぞれの役割を全うし、チームが一丸となっています。

レース結果は470級スナイプ級総合それぞれ5位と良い状態で初日を終えられたとは言えません。

しかし、部員もスタッフも全員が優勝出来ると思っています。11レース中のあと8レースで挽回のチャンスは絶対にあります。セーリング力は元々高いわけではありませんが、スタッフを始めとする諸先輩方の一年間のご指導のもと、インカレで戦えるレベルまで成長出来たと思います。そして、チーム力は私たちマネージャーも含めて、日本一だと思います。

明日から私たちも全力で頑張りますので、皆さまご声援の程、宜しくお願い致します。

それでは失礼します。

インカレ時伝統 おもしろニュース

470級暫定成績①

470級暫定成績②

スナイプ級暫定成績①

スナイプ級暫定成績②

2018
11/01
Thursday
2018/11/01 Thursday

お疲れ様です。

4回生古恵良です。

本日は、インカレ前日ということで、午前は両クラスとも艇のチェックを余念なく行い、午後からは主将艇会議、開会式、必勝祈願などを行いました。明日から始まるレースに向けてチーム全員で気持ちを高めました。

幹部になりちょうど1年経った今、私達は多くのOB.OGの諸先輩方、スタッフの方々、御父兄の方々、後輩達、大学関係者各位などに支えられている事を強く感じております。

多くの方々への感謝を胸に、明日からの4日間を同志社らしく精一杯戦いたいと思います。

ご声援の程宜しくお願い致します。

それでは、失礼致します。