同志社大学体育会ヨット部

お問い合わせ

活動報告

活動報告

Category: 活動報告

2021
04/10
Saturday
2021/04/10 Saturday

【4月10日(土) 通常練習】

お疲れ様です。4回生本田です。

<ヨット部の魅力>

私はマネージャーから見た「ヨットの魅力」について話したいと思います。

私のヨット部への入部理由は、新歓活動時に熱い言葉をかけて下さった先輩方に惹かれ、この先輩方と日本一を目指せる環境で4年間を過ごしたいと思ったからです。

当時は「ヨット」に魅力を感じたというよりも、ヨット部の「人」に惹かれていました。そんな私ですが、入部から3年が経過した今、「ヨット」の面白さや奥深さを日々感じています。風の強弱や振れ、波、地形等を考慮して自然を相手に闘いながら、誰よりも船を前へ進めていく。私自身、幼少期から武道や球技に取り組んできましたが、ここまで臨機応変さを求められるスポーツに出会ったのは初めてです。

ヨットに乗る機会がないマネージャーの私が、入部当初は感じ取れなかった「ヨットの魅力」に気づけたのは、日々真剣に競技に向き合い自身の成長を追い求める選手や、時間を割いて指導に来てくださるコーチやOBの方々がどんな時も親身になって教えて下さり、また私自身もそれに応えたいという勇気を持てたからだと感じています。

今後も自身の更なる知識向上に努め、それと同時に後輩に伝え、日本一を目指すチームの成長に還元していきたいと思います。

<本日の活動内容>

本日は試乗会を行いました。天候にも恵まれ、多くの新入生を迎え入れることができました。

明日も新入生に、ヨットの魅力やヨット部の魅力を伝えられるよう、本日の反省を生かしていきたいと思います。

それでは失礼します。

※写真撮影時のみマスクを外しております。

2021
04/09
Friday
2021/04/09 Friday

【4月9日(金) 通常練習】

お疲れ様です。3回生佐々木です。

<ヨット部の魅力>

ヨット部の魅力とは何かと問われたときに、なかなか言葉が出てきませんでした。なぜなら一言では表現しきれないからです。いろいろ書きすぎると収まりきらないため、何にしようか悩んだ結果、ヨット部最大の魅力である環境そのものについて書きたいと思います。

ヨットは競技の特性上、風を相手にするスポーツなので、自分の意思で状況をコントロールすることがとても難しいです。常に風に対して受け身なスポーツだからです。そのため突然の暴風や危険な環境でも適切な対処が求められるので、判断力や行動力を身につけることができます。こうしたスキルは社会に出た上でとても大切だと思います。また、私は高校時代までサッカーだけをしてきた人間なので、ヨットをはじめとした自然を相手にしたスポーツとは無縁でした。そうした面でまだまだ未熟な部分が多く、なかなか上手くいきませんでした。しかし、優しい先輩方やスタッフ、OBさんの教えのおかげで、こうして今の自分があります。

長くなりましたが短くまとめると、このヨット部には、海の上で自己研鑽し、陸の上では周りの方からのアドバイスを頂けたりと人間的に成長できる環境が揃っています。3回生になった今でも、日々成長を感じられることにこの上ない喜びを感じています。

<本日の活動内容>

本日は1-7m/sの風の中、午前は帆走練習、午後はスタート、コース練習を中心に行いました。

風が抜けたタイミングでどれだけ早く反応できるか意識して帆走しました。スタートでは風がよく振れるので、ポジショニングに重点を置き、綺麗にラインを切れるように意識しました。またスタート後の帆走が疎かになる場面が多かったので、次の練習では走り出しに集中して練習したいと思います。

それでは失礼します。

<来庫スタッフ>

兵藤コーチ

西村コーチ

松尾コーチ

※写真撮影時のみマスクを外しております。

2021
04/04
Sunday
2021/04/04 Sunday

【4月4日(日) 通常練習】

お疲れ様です。3回生三浦です。

<ヨット部の魅力>

私が考えるヨット部の魅力は、「お互いを高め合っていける仲間のいる環境」です。私は、チームメイトや仲間がいるから、目標に辿り着けるのではないかと考えています。

私は小学校1年生から今まで10年以上1人乗りのヨットを続けてきたため、今のような環境でヨットをすることは初めてでした。自分と同じ目標を持ち、同じ熱量で常に練習を共にする仲間がいることで、どれほど自分を律することが出来るか、高めていくことができるか、日々実感しています。自分一人だけで乗っていた頃には、出た結果に対して正直今ほどの強い感情を感じたことはありませんでした。それは、一つ一つの小さな結果に対して競い合う仲間が身近にいたり、共に努力した時間があったり、インカレ本番では、自分だけの結果ではないというプレッシャーがあるからだと感じています。このプレッシャーがあるおかげで、一人一人がこのインカレ総合優勝という目標に向かっていけるのではないか、その結果、人間形成という目的を達成することができるのではないかと感じています。

ヨット部には向上心のある人が大勢います。その中でふと自分を省みると、負けていられないなと感じる瞬間が多々あります。これからもこの同志社大学体育会ヨット部の中で自分をさらに成長させ、インカレ総合優勝に貢献できるよう、日々努力していきたいと思います。

<本日の活動内容>

本日は2-4m/sの風の中、帆走練習とコース練習を中心に微風域の安定した風のなか練習を行いました。

苦手である微風域の帆走では、いかにスピードを損なわずに角度を取るかということを意識していましたが、なかなか上手くいかず、よりパワフルなセーリングをするためにチューニングにおいての改善が必要であると感じました。次の練習では、他艇としっかり比較し、瞬時に船をより速い状態にもっていけるようにしたいです。

それでは失礼します。

<来庫スタッフ>

清水監督

兵藤コーチ

西村コーチ

松尾コーチ

<海上スタッフ>

中村コーチ

※写真撮影時のみマスクを外しております。

2021
04/03
Saturday
2021/04/03 Saturday

【4月3日(土) 通常練習】

お疲れ様です。2回生牧野です。

<ヨット部の魅力>

私が思うヨット部の魅力は「チームメイトの存在」です。

9月に入部してから今までを振り返ると、あっという間でした。大学の学業との両立と、春期練習での怒涛の日々はチームの結束をより強めたのではないかと考えています。練習に対するモチベーションが下がりそうなとき、壁にぶつかって立ち止まっているとき、力になってくれるのはチームメイトの支えです。困ったことがあれば些細なことから何でも相談することで少しずつ心の負担を減らし、再び部活動に向き合うためのエネルギーを生み出します。これは私が思うチームメイトの存在ですが、どんな形であれ信頼できる仲間がいるというのは日本一を目指すにあたって必要不可欠なことではないでしょうか。

ヨット部には個性豊かなメンバーがそろっています。私も、自分が持っている長所を同志社大学体育会ヨット部という素晴らしいチームの中でさらに飛躍させインカレ総合優勝に貢献します。

<本日の活動内容>

本日は1-7m/sの風の中、帆走、スタート練習、コース練習を行いました。

今回の練習の目標はハイクアウトに出続けることです。春期練習で何度も指摘された点で、蒲郡でのインカレで戦うためにはまず第一にしなければならないことです。足をピンと伸ばし、上体を外に出すことを意識しました。辛くても限界を決めずに起こし続けました。コース練習では大切な場面で艇を前に出すことができました。これからも強風の練習では限界を超え続けたいと思います。

それでは失礼します。

<来庫スタッフ>

清水監督

兵藤コーチ

中村コーチ

西村コーチ

松尾コーチ

<海上OB>

H5卒 吉岡氏

<来庫OB>

R2卒 小林氏

<ごっちゃん>

白神家:お菓子

※写真撮影時のみマスクを外しております。

2021
04/02
Friday
2021/04/02 Friday

【4月2日(金) 通常練習】

お疲れ様です。3回生安藤です。

<ヨット部の魅力>

今回のブログを書くにあたって、とても悩みました。「ヨット部の魅力」、それは多すぎてこのブログの容量では足りません。そのため今回は、ヨット部の環境に的を絞って書きます。

初めに、ヨット部の創部以来の理念として部活動の目的が人間形成、すなわち社会に出ても自らの力で考え行動できる人材になるという事があります。ヨットの技術を身につける上で、たくさんの課題に対峙し、その都度動画を見て研究したり、先輩やコーチ陣に質問したり、解決方法は1つではありません。時には答えのない問いに試行錯誤するときもあります。このように、トライアンドエラーを繰り返し、解決法を考える力は、これから社会に出る上でとても重要なスキルだと思います。そして何より、1人で考え込むのではなく部活という輪の中で部員同士で相談したり、切磋琢磨し合えるこの環境はこの上なく恵まれた場だと感じます。

これからも、日々ヨットの技術、チーム運営など多くの課題に直面すると思いますが、成長の機会と捉えていきたいです。

<本日の活動内容>

本日は1-8mと強弱激しい風の中、帆走練習を中心に練習しました。

帆走する中で、強弱に敏感に反応し、常にスピードを持たせて走らせることを意識しました。私は風が落ちた時の反応が予測できずに遅れてしまうことが多いため、海面を見る時間を長くすることを心がけました。

それでは失礼します。

<来庫スタッフ>

兵藤コーチ

西村コーチ

<来庫OB>

S63卒 西居氏

<ごっちゃん>

小松家:ウィダー

白神家:お菓子

※写真撮影時のみマスクを外しております。

2021
03/28
Sunday
2021/03/28 Sunday

【3月28日(日) 春期練習】

お疲れ様です。2回生長谷川です。

<ヨット部の魅力>

同志社大学体育会ヨット部の魅力は、部員全員がインカレで勝ちたいという気持ちを持っているところです。

昨年のインカレでは、レギュラーメンバーだけではなく、サポートメンバーやコロナで現地に行くことが出来ずに琵琶湖で応援したメンバーを含む部員全員がインカレで優勝したいという気持ちを持っており、インカレはレースにでるメンバーだけの戦いだけでは無いことを学びました。部員全員で船を走らせ、サポート、応援する事でインカレ優勝に近づくと感じました。1人でも、メンバーにはなれないからと思い、向上心を持たず練習をするとチームのレベルが下がり競い合うことができません。同志社大学体育会ヨット部の部員は学年関係なく全員がレギュラーを目指しているので、チームのレベルが常に上がり続けていることが最大の魅力だと思います。

今年も常に勝ちたい気持ちを切らさず、インカレ総合優勝を実現させます。

<レースブログ>

今回のレースで私は、春期練習で意識的に練習した微風のスピード向上の成果を出すことが目標でした。

風が弱い中でのスタートで2列目になってしまい、トップ集団から遅れてしまいました。有利エンドのポジション取りに消極的になってしまったことが原因です。しかし、その後の帆走で、冷静にフレッシュなポジションを見つけ集中して帆走させることが出来ました。上マーク順位をシングルまで上げることができたことは、春期練習の練習の成果を十分に出せたと感じました。

昨年からの反省点である2上でコースを冷静に判断することができず、順位を落としてしまいました。今レースでは、振り返るとクルーとのコミニュケーションが少なかったです。どこにブローがあるのか、艇団はどうなっているのか、自分がどのような情報が欲しいのかを伝えられていなかったです。クルーとコミニュケーションをとり、2上で順位を上げにいくのか、キープしに抑えにいくのかを素早く判断することを次のレースまでに修正していきます。

1レースのみでしたが、沢山の課題が得られたレースになりました。

また、2日間白石氏のご指導を受けて、現役だけの練習では追求しきれていない点に気づかせていただく機会となりました。この学びを2日間のものにせず、部内でさらに研鑽してまいります。

<本日の活動内容>

470級はポイントレースには参加せず、2日間、後藤氏と市野氏に指導していただきとても充実した練習を行うことができました。外部コーチの方に一緒に乗って練習していただき、指導していただける機会は貴重であり、チームの成長に繋がりました。2日間本当にありがとうございました。

最後になりましたが、2日間ご指導いただきました白石氏、市野氏、またこのような機会を作ってくださった水上会長、加藤運営委員長、後藤東京支部長、スタッフの方々、鯨会の皆様、ありがとうございました。

それでは失礼します。

<外部コーチ>

白石氏

市野氏

<来庫スタッフ>

清水監督

兵藤コーチ

西村コーチ

<来庫OB>

H6卒 加藤運営委員長

H9卒 後藤氏

<ごっちゃん>

テニス部OB 松田氏:布団

※写真撮影時のみマスクを外しております。

2021
03/27
Saturday
2021/03/27 Saturday

【3月27日(土) 春期練習】

お疲れ様です。4回生平井です。

<ヨット部の魅力>

私は「日本一を本気で目指せる環境が整っている所」がヨット部の魅力だと思います。ヨット部には、様々な経験や価値観を持った部員が集まっており、全ての部員が「インカレ総合優勝」という目標の為にヨットと向き合い、切磋琢磨しながら全国で活躍しています。私自身、大学には経験者として入部しましたが、大学から新たなポジションに転向した為、1からのスタートでした。しかし、先輩や監督、コーチの方々に手厚く指導をして頂いたことで現在は入部前に抱いていた以上に日本一を目指せる環境が整っていると実感しております。

このような魅力が詰まっているヨット部で私たちと一緒に日本一を目指してみませんか?

<本日の活動内容>

本日は、3-7m/sの風の中、帆走とコース練習を中心に練習を行いました。

470級は、世界で活躍されている市野氏に外部コーチとして練習に参加して頂いたので、積極的に質問をして、1つでも多くの知識や技術を学ぶことを意識して練習に取り組みました。海上では、一緒に乗艇していただき、船の中での動きや考え方を適宜伝えていただきました。その結果、これまでは気づかなかった走らせ方を知ることができたので更なる成長に繋がる機会になったと感じております。明日も、市野氏と後藤氏が練習に参加してくださるので、海上で積極的に質問をして吸収していきたいと思います。

また、スナイプは白石氏に乗艇していただき、船のセッティングを見直すことが出来ました。現役が持っていなかった知識や考え方を教わり、体格や筋力の強さが必要という基本にも立ち返る事が出来ました。

明日はポイントレースになるので、教わったことをアウトプットし春期練習の成果を発揮したいと思います。

それでは失礼します。

<外部コーチ>

白石氏

市野氏

<来庫スタッフ>

清水監督

兵藤コーチ

西村コーチ

<来庫OB>

H6卒 加藤運営委員長

H9卒 後藤氏

R2卒 東田氏

<ごっちゃん>

R2卒 東田氏:お菓子

※写真撮影時のみマスクを外しております。

2021
03/26
Friday
2021/03/26 Friday

※投稿が遅くなってしまい、申し訳ありません。

【3月26日(金) 春期練習】

お疲れ様です。2回生マネージャーの野並です。

<ヨット部の魅力>

ヨット部の魅力は沢山ありますが、私が思う1番の魅力は人との出会いです。入部してからまだ1年も経っていませんが、ヨット部に入ってから多くの人との関わりを持ち、色々な考え方を学び、自分の考えを共有する場がたくさんありました。

私はあまり自分の考えを人に伝えるのが得意ではなく、また大勢の前で発言することも得意ではありません。それでも親身になって聞こうとしてくれるマネージャーの先輩方や、私の意見をしっかり受け止めてくれる同期がいるため、前に比べて自分の意見を持ち、伝えられるようになりました。

部活をしていると、しんどい、辛いと思うことも多くあります。特にマネージャーは、自分自身で直接、レースなどの結果を残すことができないため、今自分がやっていることが意味あるものなのか、プレーヤーのためになっているのか不安になることもあります。それでも迷わず自分のやるべきことを真っ直ぐにこなすマネージャーの先輩方をみて、私たちも信じてやっていこうと思うことができます。

このように、ヨット部には成長できる環境があります。また、同期とは一生続く関係を築くことができると思っています。

<本日の活動内容>

本日は1-11m/sの強風の中、470級は帆走練習、マークラウンディングを中心に行い、スナイプ級は帆走、スタート練習を行いました。

春期練習も最終クールとなり、今週末にはレースもあるため、今までやってきたことをそれぞれが発揮できるよう努めています。春期練習でやってきたこと、学んだことを活かせるように明日からの練習にも励んでいきます。

それでは失礼します。

<来庫スタッフ>

西村コーチ

<来庫OB>

H27卒 垣野氏

<海上OB>

兵藤コーチ

※写真撮影時のみマスクを外しております。

2021
03/25
Thursday
2021/03/25 Thursday

【3月25日(木) 春期練習】

お疲れ様です。3回生近森です。

<ヨット部の魅力>

ヨット部の活動は、「インカレ総合優勝」を目指すことを通して「人間形成」することを目的にしています。

私は、「インカレ総合優勝」という明確な目標があることが、ヨット部の魅力だと思います。明確な活動の軸があることで、目標を達成するためにはどのように過ごすべきか、何をするべきか等、目標への道筋を考え、実践することが必要です。それらを通して、自分は何が得意で、何が苦手なのか、どういう思考回路を持っているのか、そもそもどういう人間なのか等、新たな発見が生まれ、自身と真摯に向き合うことができます。

このような刺激的な日々を過ごせるのは、ヨット部が「インカレ総合優勝」を活動の目標に、「人間形成」を目的に置いているからだと思います。ただ漠然と大学生活を送るだけでは、決して経験することのできないことではないでしょうか。

<本日の活動内容>

本日は、1日通して風が吹かず、整備を行いました。壊れた箇所を直すだけでなく、自分が乗りやすく、使いやすい船を作れるように意識しました。

今週末は、春期練習の集大成となるレースがあるので、今までの取り組みが間違いでなかったことを証明できるよう、万全の準備で臨もうと思います。

それでは失礼します。

<ごっちゃん>

本田家:お菓子

※写真撮影時のみマスクを外しております。

2021
03/22
Monday
2021/03/22 Monday

【3月22日(月) 春期練習】

お疲れ様です。2回生川戸です。

<ヨット部の魅力>

私が考えるヨット部の魅力は「ヨットに全力で取り組む人がいるところ」と「人間的に成長できるところ」です。

ヨット部では、部員はどうすれば早く上手くなれるかを常に考えて熱意を持って練習に取り組んでいます。先輩方は知識や技術を最大限教えてくださいます。スタッフ、コーチの方々やOB,OGの方に手厚く指導していただいています。一つの事に情熱を持って取り組む人々に囲まれ、自分もその中で4年間取り組むことができる環境は本当に素晴らしいと思います。

また、私はヨット部の三大原則である「元気・礼儀・時間厳守」を4年間で培っていける事も魅力だと思います。そして、ヨットに対して真剣に取り組み、成長するために試行錯誤して取り組むプロセスが、考える力や実行力などさまざまな面で人間的に成長させてくれると思います。

<本日の活動内容>

本日は1-8m/sの風の中、帆走、マークラウンディング、スタート練習、コース練習を主に行いました。

今日は強風だったので、ブローに合わせて適切なセールシェイプを作ることとブローインでフラットで前に出すことを目標に取り組みました。セールシェイプについては、クルーとコミュニケーションをとりながら、改善していきました。ブローインの時にはメイントリムでフラットを保ち、スピードを入れることを意識しました。

また、今日の練習では西村コーチがレスキューで後ろから帆走を見てくださったので、良いセールシェイプと悪いセールシェイプを実際に目で見て確かめることが出来たので次回に活かします。

それでは失礼します。

<来庫スタッフ>

西村コーチ

※写真撮影時のみマスクを外しております。