同志社大学体育会ヨット部

お問い合わせ

活動報告

活動報告

Category: 活動報告

2024
06/16
Sunday
2024/06/16 Sunday

お疲れ様です。

 1回生470級クルーの川島です。

 私は小学校5年生の時から高校まで野球をしていました。野球は、プレー人口の多いスポーツであるため、高いレベルでプレーすることはとても難しいです。物心付く頃から野球一筋の人生を歩んできた人達と対等に戦うには努力と才能、どちらも必要でした。大学から始めても、努力次第で高いレベルで戦うことができるということは、ヨット部に入りたいと思った理由の1つです。

 実際、ヨット部に入って2ヶ月が経過した今、ヨットの魅力を知ると同時に、艇庫で集団生活することの厳しさも感じています。しかし1秒単位で時間を管理する生活は、ヨットの試合と通ずるものがあることも、運営として試合を間近で見た時に感じました。初心者の1回生をヨットに乗せるために、色々な人が力を貸して下さっていることを肌で感じ、感謝する日々です。私達のために動いて下さっている方々の期待に答えられるよう、1日でも早くヨットを乗りこなせるように努力して参ります。

<本日の活動内容>

 本日は、2-4m/sの風の中、琵琶湖セーリングチャンピオンシップが開催され、両クラスともに、3レースが行われました。

 本日は、いつもの南西の風とは違う傾向で、とても難しいレースとなりました。来週の団体戦やインカレを見据えて、安定したレース展開ができるよう精進していきたいと思います。

<来庫スタッフ>

中村コーチ

内貴コーチ

<来庫OB>

H28卒 山梨氏

R4卒 富士元氏

R6卒 大石氏

    川戸氏

<海上スタッフ>

兵藤監督

<海上OB>

H5卒 吉岡氏

    山本氏

<運営に来て下さったOB>

S55卒 広重氏

H5卒 山本氏

H25卒 西村氏

    岡本氏

H27卒 垣野氏

H30卒 大川氏

    羽富氏

R4卒 富士元氏

R6卒 牧野氏

<ごっちゃん>

中村コーチ:パラソル

2024
06/15
Saturday
2024/06/15 Saturday

お疲れ様です。

 3回生マネージャーの青木です。

 今合宿から、本格的なレースシーズンが始まりました。私はマネージャーの役職柄、レースレスキューに乗る機会が多くあります。レースレスキューは1番近くでプレーヤーの頑張る姿を見ることができる機会です。

 これまで、多くのレースレスキューに乗ってきましたが、その中で1番印象に残っているのは、昨年度の女子インカレ最終日です。最終レースを終え、優勝や入賞が決まったことを海上でみんなで喜んだあの瞬間に、ヨット部でのやりがいをひとつ見出しました。一緒に合宿生活を送り、出艇し、プレーヤー・マネージャーという隔たりを超えて頑張ってきた時間を、プレーヤーが結果として表してくれたことが何よりも嬉しかったです。マネージャーは、自分で結果を残すことができない分、モチベーションを保つのが難しいと思うこともありました。しかし今は、結果以上に共に頑張ってきた時間に意味があると感じています。

 ヨットに向き合い、努力を重ねるプレーヤーと同じ方向を向いて頑張る日々は、発見と学びに溢れています。この2年間で様々なことを経験し、マネージャーとしても人としても大きく成長できたと思います。今年のレースシーズンも、プレーヤーが力を十分に発揮できるよう、サポートに努めるとともに、同期や先輩、後輩と過ごす時間を大切に部活動に取り組んで参ります。

<本日の活動内容>

 本日は、3-5m/sの風の中、琵琶湖セーリングチャンピオンシップが開催され、両クラスともに、4レースが行われました。

 本日は、470級、スナイプ級ともに全日本の権利がかかってるいることもあり、白熱した争いが随所で見られました。少しでも良い結果を残すことができるよう、明日も精進して参ります。

<来庫スタッフ>

中村コーチ

内貴コーチ

<来庫OB>

S63卒 西居氏

R6卒 大石氏

<海上スタッフ>

兵藤監督

<海上OB>

H5卒 吉岡氏

    山本氏

H28卒 山梨氏

R6卒 大石氏

    川戸氏

<運営に来て下さったOB>

S55卒 広重氏

H5卒 山本氏

H25卒 西村氏

    岡本氏

H27卒 垣野氏

H30卒 大川氏

    羽富氏

R4卒 富士元氏

R6卒 牧野氏

2024
06/14
Friday
2024/06/14 Friday

お疲れ様です。

 2回生スナイプ級クルーの蓬莱です。

 6月に入り、本格的なレースシーズンになりました。ヘルムスマンに、なるべく多くの情報を伝えることを意識して練習をしています。しかし、ヘルムスマンの欲しい情報を完璧に伝えることができておらず、自分自身の未熟さを痛感しております。また、情報を伝えることに重きをおくと、動作が雑になってしまう為、レース中に余裕がないことも、私にとっての課題であると考えています。いかなるレースであっても、1度落ち着いて頭の中をクリアにすることが大切だと感じています。

 また、1回生が入部して1ヶ月ほどが経ち、先輩の立場として、行動しなければならないことが増えました。学連のメンバーとして、多くの他大学の方々と関わる中で、部内のメンバーがバラバラではレースにおいて前を走るなど不可能であると考えています。強いチームは、1つの目標に向かって団結しています。私1人にできることは少ないかも知れませんが、私にできることは、全てやりたいです。

<本日の活動内容>

 本日は、0-3m/sの風の中、470は、帆走、動作練習、マーク回航、スナイプは、帆走、スタート練習、コース練習を行いました。

 スナイプ級は、平日にも関わらず、OBの方が練習にご参加くださいました。各々、明日のレースに向けて最終調整をすることができました。

 着艇後は、整備や艇チェック等、レースに向けた準備を入念に行いました。

<来庫OB>

H30卒 山梨氏

R6卒 大石氏

<海上OB>

H5卒 吉岡氏

<ごっちゃん>

H30卒 山梨氏:お菓子

2024
06/09
Sunday
2024/06/09 Sunday

お疲れ様です。

 4回生マネージャーの吹上です。

 6月に入り、来週から本格的なレースシーズンが始まります。私は学連という役職に就いており、琵琶湖で行われるレースの多くは、運営をする側として大会に参加しています。そのため、レース当日にプレーヤーを1番近いところからサポートをすることは、残念ながらあまりできません。しかし、当日に身近なところからサポートすることができない分、日々の練習の中で、プレーヤーの数少ない貴重な練習時間を良いものに出来るよう、サポートしたいと考えています。そのために、より効率的な運営をし、プレーヤーにとって意味のある練習になるよう、心がけていきたいと思います。

 また、レース当日はもちろん、日々行われるスタート練習やコース練習などでも、適切なフィードバックを行うことで、プレーヤーのモチベーションに貢献したいと考えております。レースが続く中で、プレーヤーのメンタル面を維持することは大変なことだと思います。その中で、マネージャーのサポート体制を万全にすることでプレーヤーが集中してレースに臨めるよう、マネージャーチーム一丸となって努めて参ります。

<本日の活動内容>

 本日は、1-4m/sの風の中、470級は、マーク回航、コース練習、スナイプ級は、帆走、スタート練習、コース練習を行いました。

 本日は、470級は、コース練習中心の練習となりました。来週から始まる本格的なレースシーズンに向け、充実した練習をすることができました。

<来庫スタッフ>

中村コーチ

内貴コーチ

<来庫OB>

R6卒 大石氏

2024
06/08
Saturday
2024/06/08 Saturday

お疲れ様です。

 4回生スナイプ級ヘルムスマンの秋田です。

 5月に入り、本格的なレースシーズンになりました。ヘルムスマンとしては初めてのレースシーズンであり、昨年度に比べ、責任とプレッシャーを感じる毎日です。

 ゴールデンウィークに行われたメイレガッタでは、無事に全日本スナイプ出場の権利を勝ち取ることができましたが、関関同立定期戦やミッドランド、クルーとして出場したオリンピックウィークでは、納得できる結果を残すことができませんでした。しかし、5月のレースシーズンで、自分の課題や、何をするべきなのかを明確にすることができました。今は、それを潰すための練習に取り組むことができています。

 また、レースシーズンで上2艇が結果を残してくれる一方で、それ以外の艇の結果が惜しまれる現状です。この状況を打破することができるように、もう1度気を引き締めて、練習に取り組んで参ります。

 そして、今月末には個人戦予選が行われます。この大会は、自分自身だけではなく、スナイプチームとして、何艇が予選を通過することができるかが、インカレに向けてのレベルアップの鍵になると考えています。そのため、残り3週間という限られた時間ではありますが、私にできることは全てやりたいです。

<本日の活動内容>

 本日は、1-5m/sの風の中、470級は、帆走、動作練習、コース練習、スナイプ級は、帆走、マーク回航、スタート練習、コース練習を行いました。

 本日は、東風で風の傾向の特徴が掴みづらく、コース展開が難しいものとなりました。各々が、先週のポイントレースで出た課題解決に取り組むことができたと思います。

<来庫スタッフ>

渡辺コーチ

<来庫OB>

R6卒 大石氏

2024
06/07
Friday
2024/06/07 Friday

お疲れ様です。

 1回生スナイプ級クルーの阿部です。

 ヨットに興味を持ち、ヨット部に入部してから、約1ヶ月が経過しました。少しずつではありますが、自分自身のヨットの技術の成長を、日々実感しています。

 ヨットに乗り始め、特に感じることはヨットという競技の奥深さです。風を読む力、動作のスピード、コースの取り方など、その全てがレースの結果を大きく左右するということを知りました。また、動作や知識を覚える中で、常に意味を考えることが大事だということも教えていただきました。この状況に対してどう対処すべきなのか、どう動くべきなのか、なぜそうするのかを知ることで、どのような場面でも対応できるようになると思います。そのために、先輩方から教えていただいた知識やアドバイスを吸収し、向上心を持って日々の練習に取り組んで参ります。

 まだ入部して1ヶ月ではありますが、ヨット部の力になることができるよう、全力で練習に励みたいと思います。

<本日の活動内容>

 本日は、0-3m/sの風の中、470級は、帆走、マーク回航、動作練習、スナイプ級は、帆走、スタート練習を行いました。

  本日の練習では、微風の中で最大限のスピード、動作を追求しました。1回生も海上練習の機会が増え、著しく上達しています。

 明日も、来週からのレースに向けて、チームとして課題を克服していきます。

<来庫スタッフ>

兵藤監督

<来庫OB>

S52卒 徳丸氏

<海上OB>

R6卒 大石氏

【1回生紹介 NO.21】

名前:猪熊音菜(いのくまねな)

学部:法学部

出身高校:長野県私立佐久長聖高等学校

高校の部活:茶道部

座右の銘:ものは試し

最近のニュース:白髪染めのカラーで髪を染めました。

意気込み:どんなことも、楽しむ気持ちを忘れずに頑張ります!

【1回生紹介 NO.22】

名前:北島胡花(きたじまこはな)

学部:商学部

出身高校:静岡県立掛川西高等学校

高校の部活:無所属

座右の銘:一寸の光陰軽んずべからず

最近のニュース:GWに実家に帰ったら自分の部屋がなくなっていたこと

意気込み:がんばります!

本日、新西宮ヨットハーバーで開催された、「DMG MORI SAILING ACADEMY Mini全国キャラバンツアー関西」というイベントに、現役9名が参加させていただきました。

 DMG MORI SAILING ACADEMYには、令和4年卒の澤田氏が研修生として所属されています。澤田氏は、MINI6.50で「ミニトランザット2027」に出場し、完走することを目標に活動されています。

 本日のイベントでは、DMG MORI SAILING TEAMや外洋レースについての説明を受けた後、MINI6.50に澤田氏と乗艇しました。プロとして活動される方々との交流は、とても有意義なものとなりました。

<秋田コメント>

 本日は、外洋セーリングの体験会に参加しました。

 普段練習しているスナイプ、470以外のヨットに乗るのは初めてでしたが、同じセーリングでも、全く異なるものだと感じました。

 タックやジャイブをするにも多くの手順があり、時間がかかるため、改めてディンギーは扱いやすいヨットだと思いました。

 機会がなければ乗ることの出来なかったヨットに乗ることができ、外洋セーリングという世界を知ることができたことは、私にとって、大きな経験となりました。

 OBの澤田氏をはじめ、DMG MORI SAILING TEAMの皆様、ありがとうございました。

<西尾コメント>

 本日は、外洋セーリングの体験会に参加しました。

 キールボートの中でも世界1周や大西洋横断という、地球規模でレースを目指している方々と触れ合うことができたことは、私にとって、とても良い経験となりました。

ディンギーとは違い、手順を1人で行わないといけない状況は、普段では考えられないものでした。

2024
06/02
Sunday
2024/06/02 Sunday

お疲れ様です。

 2回生470級クルーの関端です。

 5月に入り、本格的なレースシーズンとなりました。春合宿を終えて、私は基本的な動作の精度を上げることを意識して、練習に取り組んでいます。最近は、オフ練で動作の練習をすること、先輩方の動画を見て研究すること、細かく動きのポイントを確認することで、大きく改善され始めています。また、レースの経験を積むことで、レースの展開、対艇の動きや、タクティクスも理解できるようになりました。加えて、動作の精度を上げ、同時にコース引きに貢献できるようなクルーになりたいと感じています。ヘルムスマンとコミュニケーションを取り、レース中に伝えられる情報量を増やしていきたいです。

 レースが多く、練習時間が短いからこそ、毎回のレースを通して改善していかなければなりません。チャレンジを繰り返し、レース毎に成長していきたいです。

 まだ、実力的に出ることのできないレースも多くありますが、自分がチームのためにできることを考え、前向きに取り組んでいきたいと考えています。去年の小戸インカレでは、チームの雰囲気が結果に大きく影響していることを身をもって感じました。チームの雰囲気は、目で見ることのできるものではなく、非常に意識しにくいものです。だからこそ、どのレースでもインカレを想定して部の全員が動いていかなければならないと思います。1回生をまとめながら、次のことを予測して考えながら、集中してミス無く、動くことのできるよう部活動に取り組んで参ります。

<本日の活動内容>

 本日は、2-4m/sの風の中、ポイントレースが開催され、470級は、3レースが行われました。

 本日は、あいにくな天気の中、ポイントレースが行われました。レースを通して、再来週の琵琶湖セーリングチャンピオンシップまでに練習を重ねて行くべき新たな課題が見つかりました。また、レース後にはコース練習を行った後に、多くの艇数で新入生教育を行い、充実した練習時間となりました。

<来庫スタッフ>

中村コーチ

續木コーチ

<来庫OB>

R6卒 大石氏

R6卒 内貴氏

【1回生紹介 NO.19】

名前:中島志織(なかしましおり)

学部:同志社女子大学生活科学部

出身高校:愛知県立美和高等学校

高校の部活:バスケ部

座右の銘:大抵のことはなんとかなる

最近のニュース:9月に姪が産まれるって教えてもらったこと!

意気込み:早く仕事を覚え、精一杯頑張ります。

【1回生紹介 NO.20】

名前:山崎月光(やまざきひかり)

学部:法学部

出身高校:愛知県立豊橋東高等学校

高校の部活:食物手芸部

座右の銘: Have courage and be kind

最近のニュース:大好きな焼き芋が体質に合わないと分かったこと

意気込み:早く仕事を覚え、みなさんのお役に立てるように頑張ります!

2024
06/01
Saturday
2024/06/01 Saturday

お疲れ様です。

 3回生マネージャーの田村です。

 5月もあっという間に過ぎ去り、最近では毎週の様にレースが行われ、遠征の数も多くなる季節に突入しました。先週からは、レースメンバーが遠征に行き、唐崎では新入生と共に少人数での活動を行っています。チームの活動地がバラバラになってしまうレースシーズンは、いつも以上にコミュニケーションをこまめに取ることが大切だと考えています。遠征が多くなると、マネージャーの多くは唐崎に残り、プレイヤーを遠くから応援することしかできない場合が増えます。パワフルなプレイヤーが近くにいないことに寂しさを感じることもあります。たとえ、唐崎で活動メンバーが少なくなったとしても、いつも通りの練習が続けられる様にマネージャーとして細心の注意を払い、遠征先には、応援している気持ちをきちんと言語化して伝えることを意識していきたいです。

 また、最近は雨が急に降り始めたり、日中の気温が30度近くまで上がったりするなど気候の変化に体がついて行かず、体調を崩しやすい時期になって参りました。レスキューに予備の飲料を十分に積むなど、沖での熱中症対策や体温管理のサポートは勿論のこと、プレイヤーに少しでも質の良い合宿生活を送ってもらえるよう、食事の衛生管理をいつも以上に厳しくし、夏バテしにくい食材を調べたりするなどマネージャーだから出来ること、気付けることは何かを常に意識して気を遣いたいと思います。

 上回生となり、今まで学んできたことを応用させなければならない立場となりました。今、マネージャーとして部活に貢献出来ることは限られているとつくづく感じますが、その分細やかな気配りとサポートを徹底して質の良い練習を提供できるよう、尽力したいと思います。

<本日の活動内容>

 本日は、1-4m/sの風の中、470級は、帆走、動作練習、マーク回航、コース練習、スナイプ級は、帆走、動作練習、マーク回航を行いました。

 本日の470チームは、軽風のダウンウィンドを重点的に練習しました。レースシーズンが続く中で、貴重な練習時間となりました。課題を1つずつ潰すことで、チームのレベルは着実に上がっています。今後もレースが続くため、練習時間は短くなりますが、濃い練習をすることができるよう、チーム一丸となって取り組んで参ります。

<海上OB>

R6卒 大石氏

【1回生紹介 NO.17】

名前:宮嶌優衣佳 (みやじまゆいか)

学部:商学部

出身高校:兵庫県立鳴尾高等学校

高校の部活:テニス部

座右の銘:夢なき者に成功なし

最近のニュース:ヨットを始めて足にあざができまくりました。

意気込み:どんな事も楽しく、全力で頑張ります!

【1回生紹介 NO.18】

名前:文少姸(むんそよん)

学部:政策学部

出身高校:チェジュ高等学校

高校の部活:放送部

座右の銘:人は困難の中で成長する。

最近のニュース:初めて日本の銭湯に行ってきたこと。

意気込み:粘ります。

2024
05/31
Friday
2024/05/31 Friday

お疲れ様です。

 4回生470級ヘルムスマンの小菅です。

 先週末に開催された江の島オリンピックウィークでは、80艇越えのビッグフリートのレースを経験することが出来ました。ナショナルチームの方々も多く参加されており、非常にハイレベルなフリートでのレースとなりました。

 これまでの大会を振り返り、現時点での課題が明確になりました。特に課題だと感じているのは、スタートの安定感です。スタートについては、これまでも最重要課題としていました。今回のオリンピックウィークでは、最有利エンドから出ることが出来た一方で、リコールをしてしまったレースがありました。レガッタ全体のスタート成功率は4割であり、半分以上は、苦しい状況からのスタートとなりました。

 今後の目標は、リコールの危険性なく、フロントラインで安定してスタートする技術を身に付けることです。幸いにも、チームのメンバーのスタートの成果が良いことが多いため、コツを吸収していきたいです。

 現時点のチームの実力は、十分とは言えません。しかし、私達は、それぞれの強みをチームで共有し、全員で前を走るチームに成長していきます。そのためにも、1大会、1レース、限られた練習時間の中で、どれだけ多くのことを自分に落とし込むことができるかが重要です。この意識を持ち、これからのレースシーズンで着実に力をつけていきます。

 最後になりますが、私達が沢山のレースに参加することが出来るのは、運営をして下さる方や、艇を輸送してくださる兵藤監督をはじめとし、沢山の方々のサポートがあるからです。感謝の気持ちを大切にすると共に、この恵まれた環境を最大限に活用し、江ノ島インカレ総合優勝へ向けてチームで大きく成長していく所存です。今後とも、応援の程、宜しくお願いいたします。

<本日の活動内容>

 本日は、0-3m/sの風の中、両クラスともに、帆走、動作練習、マーク回航を行いました。中心の練習となりました。

 本日は、レースメンバーが蒲郡遠征中のため、唐崎に残るスナイプ級は、1回生中心の練習となりました。470級は、先週末の遠征の振り返りで課題として挙がった、軽風のランニングを中心とした練習を行いました。

 それぞれが課題を克服する貴重な練習機会となりました。

【1回生紹介 NO.15】

名前:前田 琥珀(まえだこはく)

学部:文学部

出身高校:大阪明星学園高等学校

高校の部活:野球部

座右の銘:迷ったら前へ

最近のニュース:部活のおかげで虫への苦手意識がなくなりました。

意気込み:チームに貢献できるように頑張ります。

【1回生紹介 NO.16】

名前:水谷清志朗(みずたにせいしろう)

学部:社会学部

出身高校:京都府私立同志社高等学校

高校の部活:野球部

座右の銘:千里の道も一歩から

意気込み:地道にコツコツ頑張り続けます!