同志社大学体育会ヨット部

お問い合わせ

活動報告

活動報告

Category: 活動報告

2017
12/10
Sunday
2017/12/10 Sunday

お疲れ様です。

新2回生永井です。

本日は午前中風がなく、風待ちをしました。風待ちのときにもクルー、スキッパーで分かれてミーティングをして動作、練習内容の確認をして練習に臨みました。午後からは風が上がってきて、とても濃い練習ができました。笛を使った動作練習を行ったのですが、ただタックをするのではなく、いつするのか、どのようなタイミングでタックをしたら列が揃うのかなど考えてタックをするということをそれぞれの艇が意識しました。

私はスナイプ級のクルーを務めておりますが、正直まだ動作をミスしないことでいっぱいになってしまいます。クルーとは船を走らせる人であり、戦術や戦略などを考える役目でもあると思います。スキッパーがセールだけに集中でき、話せるクルーになれるよう日々努力をしていきます。

先日のレースでたくさんの課題が出たので、その課題1つ1つに真剣に向き合い、シーズンオフまでの残りの練習時間を大切にしていきたい思います。

また、本日は納会があり私は初めて参加しました。たくさんのOB.OGの皆様がご出席され、楽しく話をしていらしたのを見て、ヨット部の明るさ、年代を超えての仲の良さを感じました。2つの優勝旗を目の前にして改めて優勝の実感が湧き、来年もこのような景色が見れるよう、また来年からも日々精進していきたいと思いました。

それでは失礼します。

2017
12/09
Saturday
2017/12/09 Saturday

お疲れ様です。

2回生椿です。

本日は5〜6メートルの風の中、南風で練習を行いました。前日の縦割りミーティングでスラローム練習での動作を470級、スナイプ級それぞれクルーとスキッパーに分かれて確認し、今日のスラローム練習で実践しました。自分はバングの扱いを1番今までできていなかったため、バングを特に入念にチェックしながらスラローム練習を行いました。入るタイミングがまだまだ船に合っておらず、バランスを崩していたので、これからの練習で突き詰めていきたいです。

また、帆走練習ではハイクアウトをしっかり出ることの大切さを実感しました。ハイクアウトをする事で船がどんどん前に進んでいく感じを受けました。トレーニングを積み重ね、ハイクアウトに耐えられる体づくりも進めていきたいです。

本日はヨット部のマネージャーにも負けないくらいの可愛いボート部のマネージャーさん4人が見学に来ました。ヨット部もボート部に見学に行っており、他の部活の良いところいところを自分の部活に取り入れるいいチャンスなので、これからも積極的に交流深めていきたいです。

それでは失礼します。

2017
12/04
Monday
2017/12/04 Monday

お疲れ様です。

4回生矢澤です。

更新が遅くなり申し訳ありません。

昨日は近畿北陸学生ヨット選手権秋季大会2日目でした。

昼前まで風が弱く、3時間ほど風待ちをした後出艇し、1レースを消化しました。

今レースは全日本インカレ後、そして新チームになって初めてのレースでありました。

総合優勝はしたものの、スナイプが2位と完全優勝にはならず、また、両クラスともに多くの反省が残る内容となりました。

特に全日本インカレでノーケース・ノートラブル・ノーアルファベットの重要さを痛感したにも関わらず、私が乗った艇をはじめアルファベットを出す艇が出てしまったことはチームとして大きな問題であると感じます。

これが現時点での私たちの実力であること、そして今のままでは全日本インカレで優勝できる状態ではないことが明確になりました。

悔しさが第一にありますが、全日本インカレで本当に多くの皆様が私たちの活動に注目し応援してくださっていることを改めて知ったので、新チーム最初のレースでこのような結果になってしまい大変不甲斐ない思いです。

今レースで浮き彫りになった課題の改善策をよく考え、これからの練習で活かしていこうと思います。

今後とも御指導御鞭撻、御支援宜しくお願い致します。

今週の日曜日には納会がございます。

沢山のOBOGの皆様が御参加予定であります。

ありがとうございます。

1年の良い締め括りが出来るようにします。

それでは、失礼します。

学連からの最終成績です。

470級 -5R

1位 同志社A 125点

2位 京産大A 249点

3位 京都大A 282点

4位 京都大C 284点

5位 京都大B 302点

1位 s矢野・c1.2.5東,3.4辰尾

(3-5-1-1-2) 12点

平均2.4点

9位 s中尾・c1藤原,2.3山形,4.5堀

(2-8-52(UFD)-6-12) 80点

平均16.0点

5位 s續木・c1.2堀,3藤原,5山形

(8-4-16-2-3) 33点

平均6.6点

スナイプ級 -5R

1位 立命館A 212点

2位 同志社A 236点

3位 京都大A 238点

4位 京都大B 282点

5位 京産大A 362点

4位 s藤野・c永井

(6-1-26-7-4) 44点

平均8.8点

1位 s松尾・c1.2.3.5東田,4黒田誉

(3-4-4-5-6) 22点

平均4.4点

33位 s飯尾・c1.2.3.5黒田誉,4東田

(19-22-30-44-55(DNF)) 170点

平均34.0点

16位 s長澤・c1.2小林,3.4古恵良,5矢澤

(13-17-11-16-55(DNF)) 112点

平均22.4点

24位 s大前・c1.2.4矢澤,3,5椿

(55(DNS)-18-23-39-13) 148点

平均29.6点

18位 s黒田智・c1.2古恵良,3.4,5小林

(25-7-36-30-19) 117点

平均23.4点

総合 -5R

1位 同志社A 361点

2位 京都大A 520点

3位 立命館A 527点

4位 京都大B 584点

5位 京産大A 611点

2017
12/02
Saturday
2017/12/02 Saturday

お疲れ様です。

新2回生辰尾です。

本日は新体制になって初めての大会で、新人戦のときとは違い、スキッパーと一緒にレースをするという気持ちで挑みました。緊張もあり動作にミスがあったり、バランスを取ることと、ジムをトリムすることに精一杯で、風を見ることが少なかったり、パワーコールができなかったりと自分では反省の多いレースとなりました。しかし、試合だから学べることも多くあり成長できた一日でもありました。

明日は今日の反省を活かして上手くなったと思える一日にしたいと思います。そのために、明日はスキッパーと一緒にレースをするという気持ちを強く持って、ブローコールであったりパワーコールを積極的に行い、自分も船を走らせようと思いました。

またシーズンオフまでは残り少ししか時間がないので、1つ1つを大切に取り組んでいきたいと思います。

それでは失礼します。

学連からの最終成績です。

470級 -4R

1位 同志社A 108点

2位 京産大A 169点

3位 金沢大A 232点

4位 京都大A 236点

5位 京都大B 244点

1位 s矢野・c1.2東,3.4辰尾

(3-5-1-1) 10点

平均2.5点

11位 s中尾・c1藤原,2.3山形,4堀

(2-8-52(UFD)-6) 68点

平均29.5点

5位 s續木・c1.2堀,3藤原

(8-4-16-2) 30点

平均7.5点

スナイプ級 -4R

1位 立命館A 154点

2位 同志社A 171点

3位 京都大B 200点

4位 京都大A 205点

5位 龍谷大A 257点

6位 s藤野・c永井

(7-1-26-7) 41点

平均10.3点

1位 s松尾・c1.2.3東田,4黒田誉

(4-4-4-5) 17点

平均4.3点

27位 s飯尾・c1.2.3黒田誉,4東田

(19-22-30-44) 115点

平均28.8点

11位 s長澤・c1.2小林,3.4古恵良

(14-17-11-16) 58点

平均14.5点

33位 s大前・c1.2.4矢澤,3椿

(55(DNS)-18-23-39) 135点

平均33.8点

20位 s黒田智・c1.2古恵良,3.4小林

(25-7-36-30) 98点

平均24.5点

総合 -4R

1位 同志社A 279点

2位 立命館A 408点

3位 京都大A 441点

4位 京都大B 444点

2017
11/26
Sunday
2017/11/26 Sunday

お疲れ様です。

新二回生の黒田です。

本日は0〜1mの風の中、スラロームと集合の練習を行いました。スラロームの練習で今後ヨットを乗っていく中で基本となる動作をしたのですが、まだまだ出来ておらず、先輩に追いつかれてしまう場面が多々ありました。スタートの基礎となる集合の練習でも、自分の船だけがラインをなかなか合わせる事が出来ず、先輩方に迷惑をかけてしまいました。

練習内容の意味をしっかり把握して、今自分に何が足りなくて何をする必要があるのかをしっかり確認し、分からないことがあればすぐ先輩に聞いて、いち早く自分のものにできるよう日々努力してまいります。

来週にはプレプレの大会があり、自分にとっては二回目のレースなので、1つでも順位を上げられるように頑張りたいと思います。

それでは失礼します。

2017
11/19
Sunday
2017/11/19 Sunday

お疲れさまです。

新3回生小林です。

11月15日〜本日までの5日間、平成30年度卒杉山氏と葉山新港で行われた全日本スナイプ級選手権大会に参加させていただきました。

結果は12位で入賞には及びませんでした。しかし、悔しい反面ものすごく多くの学びを得ることができました。まず1番にスナイプのクラス規則で定められている23ノットを超えるコンディションで1位を取れたことはすごく大きな経験になりました。また全日本となると、フリートのレベルが高くスタートがとても重要になることを痛感しました。上位の方々はどんな風域でもスコアを崩さず、順位の入れ替わりはさほどなかったように思われます。

僕自身、2回生までは先輩が主導でヨットに乗っていましたがこれからは僕が後輩を引っ張っていく番となりました。このレースで得た経験を後輩のみならず部に還元し、これからの練習、レースに活かしていこうと思います。そして来年もこの舞台に立てるよう精進していきます。

これからオフシーズンまでの練習時間は限られているため、1分1秒を大切に取り組んでいきたいと思います。

それでは失礼します。

今日の成績です。

杉山氏・小林 12位 127点 (16-30-5-16-(46)-(45)-1-33-8-18)

2017
11/18
Saturday
2017/11/18 Saturday

お疲れ様です。

新二回生の續木です。

本日は朝から風が安定せず、微風のコンディションの中、タックやジャイブなどの動作練習を行いました。夕方からは安定した良い風が吹いたため、帆走練習を行いました。

また、470チームには渡辺氏、スナイプチームには山本氏が来てくださり、練習を見ていただきました。

先合宿に引き続き、私は山形先輩のスキッパーとして出艇しました。微風の中のタックは、上手くタイミングがつかめず船を止めてしまう場面が多々ありました。クラスミーティングで動画を見て、反省と改善点を教えていただいたので、明日からの練習に生かし、次に繋げていこうと思います。

新体制となりニ回目の合宿となりましたが、まだ慣れないことや二回生としての自覚も足りていない部分もあるので、しっかりと反省し、同期内でコミュニケーションを取ったりするなど、明日から考えて行動できるよう心得たいと思います。

それでは失礼します。

2017
11/15
Wednesday
2017/11/15 Wednesday

お疲れ様です。

新三回生東田です。

更新が遅くなり申し訳ありません。

昨日は夕方までオックスフォードの散策及び買い物をし、夕方からはカレッジにてオックスフォード大学ヨット部の部員との会食を楽しみました。

夕方までの散策では会話の中で、ポピーの花の添えられた十字架の塔の前で、11月13日イギリス中が静かに祈った一分間が第一次世界大戦をはじめとした全ての戦争に対する祈りだということを聞き、また訪れた600年の歴史を持つオックスフォードで一番古いパブではイギリスに根付く文化や習慣について学びました。

夕方からの会食では、会話も弾み学生同士非常に打ち解けて楽しい時間を過ごすことができました。苦労しながらも言語の壁を乗り越えてヨットを通じ互いの文化や、生活、趣味や興味についてまで知ることができたことは非常に幸せでした。

また、本日でお別れとなった井上女史には大変お世話になりました。言葉が通じず不安になった時こころよく通訳をしてくださり、観光も一緒に楽しむことができました。本当にありがとうございました。

オックスフォード遠征も残すところ1日となりました。アンテナを張り巡らせ、さらに多くのことを吸収し今後の人生にいかせる1日にしたいと思います。

それでは失礼いたします。

2017
11/13
Monday
2017/11/13 Monday

お疲れ様です。三回生の藤原です。
本日は昨日に引き続き、マグナムレースの予選が行われ、午後からはゴールド、シルバー、ブロンズに分かれてレースが行われました。

私たちは昨日のレースにおける勝率から、ブロンズへと分けられました。
マグナムレースはレベルの高いチームが多く、現地の人に聞いても、ここには弱いチームは一つもないとおっしゃっていました。その中で私たちは一勝をあげることができ、自分たちの成長を実感できました。また、非常に強い風の中での勝利でもあったため、大きな祝福をうけました。
チームレースにおいては、クルーは周囲の状況の確認や、味方の状態の確認など、非常に重要なポジションです。自分自身、はじめは頭がついていかないことも多くありましたが、徐々に慣れていき、勝利に貢献することができました。
また、チームレースにおけるスタートでは、普段のフリートレースとは比べ物にならないほど1艇と1艇の対決が重要視されています。

このレースで学んだルールを使った攻撃は、定期戦やフリートレースでも有効になると思われるため、日本に帰国してからの練習で積極的に使っていきたいと思っています。
それでは、失礼します。

2017
11/12
Sunday
2017/11/12 Sunday

お疲れ様です。新2回生の長澤です。
本日は微風の中1日出艇し、タック・ジャイブ練習、マークラウンディング練習などの動作練習をしました。
自分も含めた新2回生は、先輩方との差を感じ、ノンセレクションは辛い時期ではあると思いますが、レースを楽しめるようになるまで頑張って欲しいと思います。セレクションである僕は一刻も早く先輩方に追いつき、全体のレベルを引き上げられるように頑張ります。
第82回の全日本インカレは優勝という形で終わることが出来ましたが、旧幹部の方々が引退されたことにより現状は厳しいです。限られた時間を有効に使い1、日1日を大切に練習していきます。
それでは失礼します。