同志社大学体育会ヨット部

お問い合わせ

活動報告

活動報告

Category: 試合結果

2018
11/25
Sunday
2018/11/25 Sunday

お疲れ様です。

新二回生石野です。

本日は近畿北陸学生ヨット秋季大会2日目でしたが、風がなくノーレースとなりました。

本日レースが行われなかったことで、レースは2日間ともあることが当たり前ではないということを改めて感じました。そのため初日のレースがとても重要であり、最初から優位な状況でいなければならないと学びました。

私としては、普段の練習とは全く異なるレースを少しでも多く経験したかったのですが、ノーレースとなり悔しい1日でした。

今回のレースは代が変わり初めてのレースでした。新人戦のときと比べるとできるようになったこともありましたが、動作も風を見ることも難しいことが多くありました。

自分たちの今の実力を受け止め、日本一になるためにはまだまだ質も量も追求しなければならないと思いました。二回生となり、ヨットに乗る機会が増えたためもっと知識を増やし、沖でも練習に励みたいと思います。

風待ちの時間では、分担して艇庫の掃除や整理などを行いました。毎日の艇庫での生活を過ごしやすくするため、やるべきことはたくさんありました。掃除をしたり、物を整理することで、毎日使うものもあるため長く良い状態を保てるように物は大切に使うべきだと感じました。

閉会式に参加した後は出艇し、短い時間でしたが軽風の中練習しました。私は風の強弱が変わったことになかなか反応できず、同じ動作をしてしまうことが反省点として見つかりました。一日一日の練習を大切に毎日新たなことを学んでいきたいです。

それでは失礼します。

近畿北陸学生ヨット秋季大会 2日目

学連からの最終成績です。

470級 -2R

1位 京都大A 40点

2位 同志社A 73点

3位 立命館A 83点

4位 京産大A 101点

5位 京都大B 109点

3位 藤野・富士元

(7-2)9点

30位 平井・辰尾

(9-52(DSQ))61点

1位 續木・藤原

(2-1)3点

22位 東・石野

(17-26)43点

29位 三浦・板東

(31-27)58点

スナイプ級 -2R

1位 同志社A 51点

2位 京産大A 51点

3位立命館A 58点

4位 京都大 66点

5位 京都大B 81点

5位 松尾・白田

(2-9)11点

3位 長澤・大前

(8-2)10点

14位 飯尾・東田

(10-20)30点

16位 黒田智・1R小林,2R永井

(15-15)30点

27位 澤田・1R黒田誉,2R小林

(20-31)51点

総合 -2R

1位 京都大A 106点

2位 同志社A 124点

3位 立命館A 141点

4位 京産大A 152点

5位 京都大B 190点

<本日のの来庫スタッフ>

兵藤GM

清水監督

梶本コーチ

<本日の来庫OB>

昭和54年卒 松岡氏

平成30年卒 大川氏

<運営に来て頂いたOB>

昭和63年卒 西居氏

平成30年卒 大川氏

平成31年卒 古恵良氏

平成31年卒 中尾氏

平成31年卒 山形氏

平成31年卒 井上氏

平成31年卒 渡邊氏

<今週のごっちゃん品>

池辺コーチ:ファイル、かばんなど

平成30年卒 大川氏:コロッケなど

平成31年卒古恵良氏、井上氏、渡邊氏:衣類

2018
11/24
Saturday
2018/11/24 Saturday

お疲れ様です。

二回生本田です。

本日は、近畿北陸学生ヨット秋季大会1日目でした。今レースは、代が変わってから初めてのレースでした。

私は学連を務めさせて頂いている為、チームボートに乗り直接プレーヤーをサポートをする事は出来ませんが、学連という立場からレース運営を微力ながら支えさせて頂きました。

今レースは多くの私の同期が出場しました。日頃からヨットの事を真剣に考え、取り組んでいる姿を間近に見ていたので、レース前にはマネージャーの私まで緊張していました。本日の結果に対する思いは様々だと思いますが、明日に備えてしっかり切り替え、サポートしていきたいと思います。

話は変わりますが、私達二回生マネージャーもレスキューに乗る機会が増え、ヨットに関する知識が増えてきました。先輩やOBの方々、同期が沢山のヨット知識を教えて下さるお陰です。本当に感謝しています。今後共、宜しく御願いします。

今後も日本一に向けて、一日一日を大事にし、日々サポートしていきたいと思います。

それでは失礼します。

近畿北陸学生ヨット秋季大会 1日目

学連からの暫定成績です。

470級 -2R

1位 京都大A 40点

2位 同志社A 73点

3位 立命館A 83点

4位 京産大A 101点

5位 京都大B 109点

3位 藤野・富士元

(7-2)9点

31位 平井・辰尾

(9-52(DSQ))61点

1位 續木・藤原

(2-1)3点

22位 東・石野

(17-26)43点

29位 三浦・板東

(31-27)58点

スナイプ級 -2R

1位 京産大A 51点

2位 同志社A 51点

3位立命館A 58点

4位 京都大 66点

5位 京都大B 81点

5位 松尾・白田

(2-9)11点

3位 長澤・大前

(8-2)10点

14位 飯尾・東田

(10-20)30点

16位 黒田智・1R小林,2R永井

(15-15)30点

27位 澤田・1R黒田誉,2R小林

(20-31)51点

総合 -2R

1位 京都大A 106点

2位 同志社A 124点

3位 立命館A 141点

4位 京産大A 152点

5位 京都大B 190点

<本日のの来庫スタッフ>

清水監督

池辺コーチ

中村コーチ

<運営に来て頂いたOB>

平成31年卒 山形氏

2018
11/05
Monday
2018/11/05 Monday

更新が遅くなってしまい申し訳ございません。

本年度主将を務めておりました矢野です。

まずはインカレまでご支援いただいたOBOGの皆様、本当に有難うございました。

そして、総合優勝した早稲田大学の皆様おめでとうございます。

今年度のインカレは最終成績は470級8位、スナイプ級4位、総合は4位と惨敗に終わりました。

正直な気持ちとしては、もどかしさと悔しさでいっぱいです。他大学と比べても、間違いなく同志社はインカレの会場で最高のチームだったと思います。しかし、実力が及んでいませんでした。最高のチームであっても、実力がなければ勝利することは出来ません。当然のことですが、そのことをチームとして全員が痛感した大会になったのではないかと思っています。

そんな中、嬉しかったのが、昨日の慰労会で部員達が本当に悔しそうな顔をしていたことです。きっと今回の敗北は残るメンバーを突き動かす原動力になる、そう思えました。

最後になりますが、改めて清水監督、コーチの皆様、インカレを最後まで一緒に戦って頂き、有難うございました。また現地に駆けつけてくれた諸先輩方、有難うございました。後輩達の来年の優勝を願って最後の挨拶に代えさせて頂きます。

有難うございました。

第83回全日本学生ヨット選手権大会

学連からの最終成績です。

全大学の成績は写真で載せています。

470 〜9R

1位 日経大 310点

2位 日本大 398点

3位 早稲田 436点

4位 慶応大 498点

5位 明海大 602点

6位 九州大 650点

7位 甲南大 670点

8位 同志社 726点

s中尾,c山形

(22-15-35-51-30-/-55-21-9)238点

s續木,c1-7R藤原.8,9R平井

(38-/-/-30-33-34-32-24-45)236点

s平井,c3.4R藤原.6R山形

(/-36-47-/-/-45-/-/-/)128点

s矢野,c三浦

(1-3-9-40-10-3-22-14-22)124点

スナイプ級 〜8R

1位 早稲田 428点

2位 京都大 437点

3位 日本大 494点

4位 同志社 501点

5位 立命館 548点

s松尾,c1.2R古恵良.3R-矢澤

(16-18-14-6-1-9-3-33)100点

s藤野,c黒田

(8-23-61-2-20-10-20-7)151点

s長澤,c小林

(17-55-2-21-23-19-73(RET)-40)250点

総合

1位 早稲田 864点

2位 日本大 892点

3位 慶応大 1047点

4位 同志社 1227点

5位 九州大 1238点

2018
11/03
Saturday
2018/11/03 Saturday

お疲れ様です。

4年生マネージャーの久保田です。

本日は風が弱く、陸上待機をした末APA旗が上がり、レースを行うことができませんでした。

そのため残るは明日の2レースとなり、明日が勝負となります。

私は今年のインカレが4回目ですが、インカレを経験するたびに感じることがあります。それは同志社大学ヨット部を応援してくださる方が本当にたくさんいて下さるということです。

たくさんの方が遠方から応援に来て下さり声をかけて頂ける環境は非常に恵まれたものであり、多くの方々の応援を力に変え、残り2レースを悔いのないものにしていきたいと思います。

また、明日は私自身4回生として、またマネージャーとして選手の勇姿を見ることのできる最後の日です。

チームとしての目標『最後の最後まで成長する』を全員が胸に刻み、今までで一番成長した状態でレースを終えてくれることだと思います。そしてその時には最高の笑顔を見せて陸に帰って来ることと信じています。

これまでの選手の努力が報われ、そして最後に笑うのは同志社でいられるよう、残り2レース全身全霊、全力でサポートしていきます!

それでは失礼します。

本日はノーレースのため、朝に更新した暫定成績から変わっておりません。

お疲れ様です。

4回生渡辺です。

本日から、全日本インカレが始まりました。

昨日から参加した一回生も含め、サポートメンバーもレースメンバーもそれぞれの役割を全うし、チームが一丸となっています。

レース結果は470級スナイプ級総合それぞれ5位と良い状態で初日を終えられたとは言えません。

しかし、部員もスタッフも全員が優勝出来ると思っています。11レース中のあと8レースで挽回のチャンスは絶対にあります。セーリング力は元々高いわけではありませんが、スタッフを始めとする諸先輩方の一年間のご指導のもと、インカレで戦えるレベルまで成長出来たと思います。そして、チーム力は私たちマネージャーも含めて、日本一だと思います。

明日から私たちも全力で頑張りますので、皆さまご声援の程、宜しくお願い致します。

それでは失礼します。

インカレ時伝統 おもしろニュース

470級暫定成績①

470級暫定成績②

スナイプ級暫定成績①

スナイプ級暫定成績②

2018
10/21
Sunday
2018/10/21 Sunday

お疲れ様です。

三回生東田です。

本日は全日本インカレ前最後のレースである蒲郡ウィークでした。レースメンバーはこの海面でのレースに慣れ、これまでの情報収集や練習をいかし結果を出すこと、そしてサポートメンバー情報収集やレースメンバーのケアなどにおいて確固たるサポート体制を築くことを目標にレースに臨みました。

私はサポートメンバーとしてチームボートに乗りましたが、まだまだ改善すべき点が多くありました。レースメンバーが今何を求めているのか、風や潮といった情報は正確かつ適切なものなのか、など、サポートボートは目を向け心を砕かなければならない点が多くあります。全てを完璧にこなすためには、メンバーそれぞれがチーム全体を慮り隙のない動きをすることが前提となります。それに加えサポートメンバー同士のコミュニケーションも非常に重要となるため、ミーティング重ねていき、レースメンバーが絶大な信頼を置けるようなサポート体制を整えていきます。

全日本インカレまで残り僅かとなりました。スタッフの方々をはじめ、お忙しい中沢山のOB.OGの方々がバーバーを訪れアドバイスをくださっています。本当にありがとうございます。これまでサポートしてくださった全ての方々の想いを心に留め、またこのチームのモットーである「最後まで成長する」ことを徹底し、日本一に向け毎日前進を続けていきます。

それでは失礼します。

蒲郡ウィークの最終成績です。

470級 -3R

1位 矢野・三浦 (6-1-1) 8点

3位 續木・藤原 (7-3-5) 15点

4位 中尾・山形 (9-4-4) 17点

7位 平井・東 (11-9-10) 30点

スナイプ級 -3R

1位 藤野・黒田 (2-4-1) 7点

4位 松尾・矢澤 (13-6-7) 26点

6位長澤・小林 (15-13-6) 34点

8位 西居氏・古恵良 (8-20-8) 36点

37位 飯尾・荒川氏 (UFD(44)-15-UFD(44)) 103点

2018
09/17
Monday
2018/09/17 Monday

お疲れ様です。

2回生長澤です。

本日は団戦予選最終日でした。

1~3m程の風の中スタートしたものの風が落ちて中止になり、今日はノーレースとなりました。

今回の団戦予選は無事両チーム共1位で通過することが出来ました。しかし、インカレで戦えるほどのレベルには至っておらずインカレを見据えた練習が必要になってくると思います。

私個人的にはスタート時のハンドリングやランニングのコース選択が誤っていることが今レガッタで分かりました。恐らく、ほかのレースメンバーも良かったこと、悪かったことが明確になったと思われます。これらのことは残りの琵琶湖合宿でしっかりと改善をしてから蒲郡の遠征に臨めるようペアでしっかりと反省をしていきたいです。

また、これからは遠征によってレースメンバーと下級生が離れて合宿を行うことがありますが、チーム一丸となって団体戦本戦に向かえるよう、チームをマネジメントしていきたいと思います。

それでは失礼致します。

学連からの暫定成績です。

本日はレースが行われていないため、昨日と同じままの成績となっています。

470級 -7R

1位 同志社 182点

2位 京都大 234点

3位 金沢大235点

4位 立命館 239点

2位 s矢野・c三浦

(2-1-28(UFD)-1-1-1-1) 35点

平均5.0点

8位 s中尾・c山形

(9-6-15-5-9-14-6) 64点

平均9.1点

11位 s續木・c藤原

(8-4-18-9-8-16-20) 83点

平均11.9点

スナイプ級 -7R

1位 同志社 149点

2位 京都大 189点

3位 立命館 228点

4位 金沢大 240点

1位 s松尾・c矢澤

(2-5-5-2-1-1-1) 17点

平均2.4点

3位 s長澤・c小林

(11-2-1-11-8-2-6) 41点

平均5.9点

11位 s飯尾・c古恵良

(9-6-28(UFD)-8-11-13-16) 91点

平均13.0点

総合-7R

1位 同志社 331点

2位 京都大 423点

3位 立命館 467点

4位 金沢大 475点

2018
09/16
Sunday
2018/09/16 Sunday

お疲れ様です。

4回生井上です。

本日は団体戦予選2日目でした。

朝から北からの2-3m程の安定した風により5レースが消化されました。

昨日は微風かつ不安定な風のコンディションにより2Rしか行われず、本日、明日でレース展開が大きく変わるかもしれないと予想していました。しかし、ノーケース・ノートラブル・ノーアルファベットを掲げているなかで、両クラスアルファベットを叩いてしまうレースがあり、予選ではありますがまだまだインカレまでに課題が残っていると部で感じられたように思います。

私は学連マネージャーとして運営側として大会運営に携わっています。

いつもレースの時は柳が崎で他大学の出艇を見守るのですが、本大会はインカレ団体戦の予選ということもあり、他大学の応援の迫力や熱気をハーバーでとても感じています。

以前、縦割りミーティングでインカレで勝つチームとはどのようなチームなのかとうい議題で出ました。海上はもちろんのこと、陸での声の大きさや動きがとても大切なのだと再確認し、練習の中でも下級生が主体となって声を出してくれたり、スタート練習の時にリコールした艇には「◯さん、◯艇身でました!」とレースメンバーに声を率先してかけてくれています。

インカレでも、陸でも海でも「さすが同志社!」と他大学をはじめOB、OGの方々、保護者の方にも思って頂けるようなチーム作りを最後まで心がけれるよう努めれるようにチームとして励みたいです。

明日が予選最終日ですが、最後の残り3レースまで圧倒できるようなチームであるためにもマネージャーからもより活気を出していきたいです。

それでは失礼します。

学連からの暫定成績です。

470級 -7R

1位 同志社 182点

2位 京都大 234点

3位 金沢大235点

4位 立命館 239点

2位 s矢野・c三浦

(2-1-28(UFD)-1-1-1-1) 35点

平均5.0点

8位 s中尾・c山形

(9-6-15-5-9-14-6) 64点

平均9.1点

11位 s續木・c藤原

(8-4-18-9-8-16-20) 83点

平均11.9点

スナイプ級 -7R

1位 同志社 149点

2位 京都大 189点

3位 立命館 228点

4位 金沢大 240点

1位 s松尾・c矢澤

(2-5-5-2-1-1-1) 17点

平均2.4点

3位 s長澤・c小林

(11-2-1-11-8-2-6) 41点

平均5.9点

11位 s飯尾・c古恵良

(9-6-28(UFD)-8-11-13-16) 91点

平均13.0点

総合-7R

1位 同志社 331点

2位 京都大 423点

3位 立命館 467点

4位 金沢大 475点

2018
09/15
Saturday
2018/09/15 Saturday

お疲れ様です。

2回生大前です。

本日は近畿北陸ヨット選手権大会の1日目でした。午前の南風は安定せず、レースを消化することができませんでしたが、午後から北風が入り2レース消化することができました。

両クラスとも安定した順位を取ることができ、総合暫定1位となりました。明日以降もチーム一丸となってインカレ本戦に向けて進んでいきたいと思います。

さて、私は本日予備メンバーとしてレスキューボートからレースメンバーをサポートしました。サポートの傍らで、どちらに風が振るか、どの艇団が伸びるか、自分ならどこからスタートしてどんなコースを引きたいかなど自分がレースに出ていたら、と仮定して風を意識的に見ることでレースの順位だけでなくその展開に注目してレースを見ました。このように見ることで、どういう過程で順位が確定するのかを外から見ることができ、前を走るための要素を少しではありますが掴むことができました。レースを見て掴んだ風の傾向を今後のレースのコース引きに活かしていきたいと思います。

それでは失礼します。

学連からの暫定成績です。

470級 -2R

1位 同志社 31点

2位 滋賀大 63点

3位 立命館 66点

4位 京産大 69点

1位 s矢野・c三浦

(2-1) 3点

平均1.5点

7位 s中尾・c山形

(9-6) 15点

平均7.5点

4位 s續木・c藤原

(8-4) 12点

平均6.0点

スナイプ級 -2R

1位 同志社 35点

2位 京都大 55点

3位 富山大 67点

4位 金沢大 68点

2位 s松尾・c矢澤

(2-5) 7点

平均3.5点

3位 s長澤・c小林

(11-2) 13点

平均6.5点

5位 s飯尾・c古恵良

(9-6) 15点

平均7.5点

総合-2R

1位 同志社 66点

2位 京都大 127点

3位 金沢大 145点

4位 京産大 147点

2018
09/01
Saturday
2018/09/01 Saturday

お疲れ様です。

1回生平井です。470級スキッパーを務めております。

本日はBBマリン主催のレースがあり、1~4m/sの風の中、470級は2レース、SNIPE級は3レースを行いました。

先週の新人戦とは違い、上回生や社会人も参加しているよりレベルの高いレースの中で、私はスタートに苦戦しています。明日は今日のミーティングで学んだことを実践し、良いスタート切ることが出来るようにしたいと思います。

レース後、470チームは中村コーチの御指導のもと、基本動作を徹底的に練習しました。

この練習で、まだまだ基本が疎かでもっと突き詰めて練習をする必要があることを改めて感じました。

今日学んだ知識や技術を明日のレースで少しでも実践できるよう、結果を出すことだけでなくレースの中で成長することを意識して明日も取り組んでいきたいと思います。

自己紹介をさせて頂きます。

名前:平井德輝

高校時代のクラブ:ヨット部

入部の理由:インカレで総合優勝を目指したいと思ったから。

最近のニュース:EXILE HIROを目指して筋トレとプロテインにハマってます。

意気込み:インカレにレギュラーとして出場して結果を出すために、日頃の練習から課題を明確にして残り少ない練習に取り組みます。

それでは失礼します。

宮崎杯(於琵琶湖) 1日目

学連からの暫定成績です。

470級-2R

6位 續木・東

(6-10) 16点

平均8.0点

9位 平井・藤原

(7-11) 18点

平均9.0点

スナイプ級-2R

14位 飯尾・永井

(16-20-9) 45点

平均15.0点

10位 大前・白田

(11-8-17) 36点

平均12.0点

15位 黒田・澤田

(12-14-20) 46点

平均15.3点

全日本インカレ個人戦 2日目

学連からの暫定成績です。

カット後の得点です。

~6R

470級

矢野・三浦 2位

15点 (7-(17)-3-1-1-3)

中尾・山形 36位

165点 ((56(RET))-39-36-36-29-25)

スナイプ級

藤野・黒田 8位

51点 (25-(30)-2-12-10-2)

松尾・古恵良 13位

63点 (12-8-20-20-3-(22))

一回生紹介:平井德輝

一回生紹介:平井德輝