同志社大学体育会ヨット部

お問い合わせ

活動報告

活動報告

Category: 未分類

2018
04/08
Sunday
2018/04/08 Sunday

お疲れ様です。

2回生田山です。

昨日と本日は試乗会を行いました。2日間、土曜日は特に悪天候を心配していましたが、無事2日間とも新入生をヨットに乗せてあげることが出来て良かったです。ヨットに乗ったあと笑顔で陸に戻ってくる新入生を見て、嬉しい気持ちになり、また一年前の自分を思い出してなんだか懐かしい気持ちになりました。

私はこの試乗会でマネージャーの統括を担当しています。いつもは指示を受けて動く立場だったので、初めて人を動かす立場になってみて、今までは気づかなかった発見が多くありました。特に、全体の動きををよく見ることの重要さを感じました。想像していなかったことにも臨機応変に対応するためには、全体の動きを把握することが必要不可欠だと思いました。統括の立場を通して得たことをこれからのマネージャー活動に還元して、より良いマネージャーを目指していきたいです。

試乗会は来週もあるので、今週の反省を受けて来週はもっと新入生を楽しませる試乗会にしたいと思います。

それでは失礼します。

2018
03/18
Sunday
2018/03/18 Sunday

おはようございます。

昨日までのレース委員会からの暫定成績です。

〜4R 470級

11位 s中尾・c山形 72点(11-28-9-24)

17位 s矢野・c1.2三浦・c3.4東 86点(12-2-67(BFD)-5)

32位 s續木・c1.2藤原・c3.4辰尾 129点(15-36-67(BFD)-11)

〜4R SNIPE級

1位 s白石氏・c古恵良 19点(6-2-6-5)

2位 s吉岡氏・c黒田誉 22点(9-3-1-9)

4位 s藤野・c永井 38点(12-8-15-3)

20位 s大前・c岡氏 112点(31-4-47-30)

24位 s兵藤氏・c矢澤 117点(77(UFD)-5-13-22)

30位 s杉山氏・c長澤 126点(3-77(BFD)-42-4)

36位 s西居氏・c東田 137点(25-77(BFD)-14-21)

37位 s松尾・c椿 140点(28-12-50-50)

47位 s黒田智・c三輪氏 182点(36-17-52-77(BFD))

52位 s飯尾・c小林 194点(56-43-54-41)

慶應戦

同志社ウィークの成績をそのまま反映しています

〜4R 470級

1位 同志社 287点

2位 慶應大 289点

〜4R スナイプ級

1位 慶應大 252点

2位 同志社 372点

〜4R 総合

1位 慶應大 541点

2位 同志社 659点

2018
03/15
Thursday
2018/03/15 Thursday

お疲れ様です。

4回生マネージャーの久保田です。

本日は午前午後共に良い風が吹き、1日を通して練習することができました。同志社ウィークに向け、1時間も無駄に出来ない練習に選手は集中して取り組んでいたように思います。

私たちマネージャーも、今週末に控えます同志社ウィーク、そして、同時に行われる慶應義塾大学との定期戦に向け、総勢約50人分の食事の買い出しを行いました。

旧幹部の方々が引退されてからは、人数も減り、少ない量の食事を作ることが多かったので、久しぶりの大量調理にどこか楽しみな気持ちもあります。私たちが作るご飯で、韓国からの招待選手や他大学の選手、また同志社の選手が少しでも疲れを癒しレースに臨むことが出来れば本望です。選手が笑顔になるような美味しい食事を作りたいと思います!

話は変わりますが、本日、藤野のご両親からおにぎり作戦の手助けに…とふりかけや混ぜ込みご飯の素を頂きました。本当に有難うございます。

おにぎり作戦の甲斐もあってか、少しずつですが実際に体重が増えている選手もいます。もしかすると、マネージャーが、母のように毎日「おにぎり食べや!」と選手に声を掛けている成果が現れたのかもしれません。今後も、手を抜くことなく、増量をサポートしていきます!

またそのためにも、おにぎりのバリエーションを求め、マネージャー皆で知恵を出し合っています。もし、おススメのおにぎりの具やご飯のお供をご存知の方がいらっしゃれば、教えて頂きたいです。

宜しくお願い致します!

失礼します。

2018
02/12
Monday
2018/02/12 Monday

お疲れ様です。

三回生藤野です。

本日より4月に入学予定の平井徳輝君・三浦匠君に参加してもらいました。新たな仲間と共に日本一を目指せる喜びを強く感じた1日です。

シーズンイン式では時折雪が舞う中多くのOB・OGの方々にお越しいただき、骨身に沁みるお言葉を頂戴しました。また赤飯を伊藤会長から、お菓子を山田氏(平成2年卒)新宅女史(平成7年卒)にいただき美味しくいただきました。ありがとうございます。

最後に近江神宮に参拝し、必勝祈願と安全祈願を行いました。近江神宮は琵琶湖より高い地にあるため常に神様に見守られながら練習をしている気がします。勝負は時の運と言うように天をも味方につける取り組みは重要です。だからこそ日頃の練習で細部にまで魂を込めてこだわりたいです。

節目の所信表明をするにあたり私個人今年の取り組みはこの大学生活で最も重要となります。

私は大学1年目にスナイプ級、2年目は470級に乗らせていただきました。またご縁があって今年はスナイプ級で日本一に挑みます。

先の2年でペアを組ませていただいた北原氏(平成29年卒)、上野氏(平成30年卒)はそれぞれインカレ個人戦で優勝されたクルーです。つまり、日本で1番の先輩としか練習をしたことがありませんでした。私はこの2年間、他の大学生では経験することのない多くの学びを得て誰よりもヨットを楽しんだ幸せ者だと自負しております。

そして自身の真価が問われる1年です。

自分が今まで二人の先輩から学んだことをチームに還元しなければなりません。470で学んだボートスピードの重要性、スナイプで学んだタクティクスとフィジカルの重要性を元に取り組みます。まだまだ先輩の力に頼りきってた未熟な私です。多くの方々に助けを乞うことが多いかと思いますが、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

失礼します。

新一回生平井くん、三浦くん

2017
11/17
Friday
2017/11/17 Friday

お疲れ様です。新2回生東です。

先程、無事伊丹空港に到着し、解散致しました。

昨日は、オックスフォードの学生とボウリングをおこなったあと、ランチを一緒に食べ、現地時間の14時頃にオックスフォードの学生とお別れをしました。

今回、私はたったひとりの2回生として、先輩方と共にオックスフォード遠征に参加しました。同期が一人もいないという不安がありましたが、先輩方が助けてくださり、よりいっそう先輩方との仲を深められました。

また今回のオックスフォードとの定期戦、イギリス国内からヨットクラブが集まるマグナムレースに2回生の中で唯一参加出来たことはとても良い経験となりました。日本のフリートレースとは異なるチームレースを経験することによって、味方との連携であったり、周りの状況をスキッパーに伝えることの重要さを実感することができ、改めてヨットというスポーツの厳しさ、そして楽しさを知ることができて、とても良かったです。

イギリスの歴史や文化にたくさん触れ、イギリス日本大使館を訪れる事ができたり、ロンドン在住の同志社卒の諸先輩方とお食事できたりと、日本では出来ない経験ができたことは自分の視野を広げるとてもいいきっかけとなりました。

このような経験の場を用意してくださった、同志社体育会ヨット部鯨会の皆様、通訳をしてくださった井上女史、イギリスでの生活を支え、たくさん楽しませてくださったオックスフォード大学の皆様、本当に有難うございました。

今回のオックスフォード遠征で得ることの出来た経験を今後の自分の人生に役立てて行きたいと思います。

それでは失礼します。

2017
11/14
Tuesday
2017/11/14 Tuesday

お疲れ様です。新3回生堀です。

本日は夕方までロンドン観光並びに、日本大使館への挨拶、夕方からは同志社クローバー会と共に食事をしました。

ロンドン観光ではロンドン塔、ロンドン・アイ(ロンドンを一望できる観覧車)を訪れました。一方は長い歴史を持ち、また一方は近代的な建造物で非常に興味を惹かれました。また、日本大使館への挨拶では日本の大使館の方と話す貴重な時間を過ごすことができました。

夕方からの同志社クローバー会との会食では、ロンドンに住む同志社卒の諸先輩方に日本料理をご馳走していただきました。普段はヨット部以外のOBOGの方々と食事をとることは無いので非常に新鮮で、また非常に良い刺激を受け、今後の大学生活、延いては人生をどう過ごして行くかを考える良いきっかけになりました。

クローバー会の皆様、日本大使館の皆様、また観光に連れて行って下さったオックスフォード大学の皆様、本日は本当に濃密な時間を有難うございました。

イギリス遠征も6日目が終わり、残すところ後2日となりましたが、更に有意義な遠征にできるよう明日からも過ごしていきます。

それでは失礼します。

2017
11/07
Tuesday
2017/11/07 Tuesday

全日本学生ヨット選手権大会学連からの最終成績です。
470級 -3R

1位 慶応大 133点

2位 同志社大 164点

3位 早稲田大 172点

4位 関西学院大 190点

5位 法政大 226点

6位 明海大 249点
s渡辺・c1黒木,2.3山形 9位

(4-12-34)50点

平均 16.7点
s矢野・c原田 12位

(41-3-24)68点

平均 22.7点
s藤野・c上野 6位

(10-19-17)46点

平均 15.3点

スナイプ級 -3R

1位 同志社大 150点

2位 日本大 171点

3位 早稲田大 182点

4位 関西学院大 209点

5位 中央大 211点

6位 九州大 238点

s杉山・c1矢澤,2.3大川 1位

(6-5-9)20点

平均 6.7点
s奥・c三輪 20位

(18-28-29)75点

平均 25.0点
s松尾・c岡 11位

(2-33-20)55点

平均 18.3点
1位 同志社大 314点

2位 早稲田大 354点

3位 慶応大 376点

4位 関西学院大 399点

5位 九州大 513点

6位 日本大 521点

2017
10/23
Monday
2017/10/23 Monday

お疲れ様です。

二回生藤野です。

更新が遅くなり、申し訳ありません。

昨日は、部活の一大イベントであるスキッパーズ料理がありました。

台風の影響もあり足元が悪いなかお越しいただいた池辺コーチ、北原氏、山際氏、武部女史にはこの場を借りて御礼申し上げさせていただきます。ありがとうございました。

インカレに向けての決起会を含めたこのイベントは各部員のインカレに向けた熱い思いがありました。それは普段ヨットに乗れる機会の少ない一回生も抱いていました。そして「日本一になる」「日本一は同志社だ」と全員が夢としてではなく見据えた目標として優勝を目指すチームの団結を実感しました。

個人的に私は今年のインカレには特別な思いがあります。私は高校時代に中村学園三陽高等学校でヨットをしていました。そこで一年生のときインターハイを圧倒的な強さで優勝された渡辺駿先輩に憧れ、同じ同志社の門を叩きました。その先輩の最後のインカレです。優勝旗を手に笑顔で引退していただく私の長年の思いが実現できる最初で最後のチャンスです。最大限のパフォーマンスで達成したいと思います。

それでは失礼します。

2017
09/14
Thursday
2017/09/14 Thursday

お疲れ様です。

4回生の黒木です。

今週末に行われる全日本女子インカレに向け、先週から江ノ島にて練習しております。本日は全日本女子インカレの開催地である葉山に江ノ島から帆走練習で移動し、午前練習をした後に、今レガッタで強風が予想される為整備や準備等を入念に行いました。

また、本日は西村コーチ、岡本女史に激励の言葉を頂き大変有意義な時間を過ごすことができ、明後日からのレースに向けさらに気持ちを引き締めることが出来ました。本当にありがとうございました。

私達が目標とする全日本インカレ優勝に繋げるためにも、女子チームで精一杯結果を出すべく精進して参ります。応援宜しくお願いします。

失礼します。

2017
09/02
Saturday
2017/09/02 Saturday

お疲れ様です。

4回生岡本です。

本日は、ジュニアワールド最終日でした。

開催地の江ノ島は、台風の影響を大きく受け、本日も最大風速が10m/sを優に超える強風のコンディションの中で、最終レースとメダルレースの2レースが行われました。

ジュニアワールドでは、琵琶湖では中々経験することが出来ない波やうねりが強い独特の海面にて強風コンディション下で多くのレースを行い、自分と他との技術力や体格の差ゆえに自身の無力さを痛感する場面が多々ありました。

しかし、このレースでSailing World Cupでメダルを獲得している世界各国の選手などトップレベルのセーラーと同じレースに参加し、近くを走り、間近にそのトップレベルの技術を目の当たりにする事ができました。また、陸では技術的な課題に対するアドバイスを実際に話に行くことで聞き出す事ができ、学びとったものが多く、自分にとって刺激のあるレースであったと感じています。

私と野口は、9月14日から開催される全日本女子インカレに向け、引き続き江ノ島で遠征を行います。今レースの経験を生かし、明確になった課題を1つ1つ潰し、次は女子インカレに向けレベルアップして行きます。

以下、10Rに最終レースを加えた成績です。

男子 38艇、女子 25艇が出場しております。

最終レースはメダルレースに出場した10艇以外でのレースの成績です。

得点はカット反映済みです。

470男子

18位 矢野・原田 149点

(22-20-18-15-16-10-(25)-18-15-16-13)

32位 藤野・上野 209点

(33-28-31-28-30-26-35-(DNC(39))-RET-DNC-DNC)

470女子

23位 野口・岡本 207点

(14-24-(DNF(26))-RET-RET-20-19-DNC-DNC-DNC-9)

2017 470 Junior world championship

http://2017juniorworlds.470.org/en/default/races/race-resultsall